秋の山々

ワシントン州を代表する山々へ紅葉狩りへ行きました。今年はあまり暑い夏ではなかったのですが、紅葉は例年と変わらず鮮やかです。日本の紅葉とはまた違う雰囲気です。

Mt. Baker
d0069550_6355285.jpg

Mt. Shuksan
d0069550_636816.jpg

Mt. Rainier
d0069550_6362766.jpg

[PR]
# by tarosworld | 2010-10-10 06:37 | ギャラリー

ブーツ

最近山歩きをしながら写真を撮る事が多いのですが、山に入る時の一番重要な装備と言えばブーツです。整備された道ならば普通の運動靴でも構いませんが、悪路ではきちんとしたブーツが重要です。足をくじいてしまったらその時点で写真撮影はおろか、下山すら困難になります。ここアメリカ北西部は豊な森が多く写真を撮る身としては山に入る機会が多くなります。いわゆるバックパッカー人口も高く、週末になると登山口は沢山の人で賑わいます。

長年色々なブーツを履いてみましたが、最近買ったこのAsolo TPS 520 GVが一番のお気に入りになりました。Asoloはイタリアの靴なので日本人の足には合わない場合がありますが、幸い私の足にはピッタリです。サイズはアメリカサイズで11.5です。普通履く靴は10から10.5なので、このメーカーのサイズは実際よりも少し大きめなのでしょうか。
d0069550_3165178.jpg

そしてブーツと言えば(日本では)定番のDannerのマウンテンライトです。このブーツは伝統がありますが、私は普段履きとして履いています。このブーツは整備された登山道ならば快適ですが、ゴツゴツした場所や崖を登るブーツとしては少し華奢だと思います。その名の通り「ライト」なブーツなので本格的なトレッキングをする場合はAsoloなどがお勧めです。
d0069550_3231412.jpg

Asoloでサイズが11.5だったので、実際のサイズより少し大きめだと言われるDannerは11にしました。しかしそれでも少し大きめです。10.5にすれば良かったな‥‥。通販の盲点です。でも厚めの靴下を履けばそれほど問題にはならないようです。次買う時は10.5にしないと。
[PR]
# by tarosworld | 2010-10-10 03:26 | ブツ

Asoloがイイ感じ

d0069550_1605579.jpg

買ってから10日ほど経った本格派のトレッキングブーツのAsoloですが、いよいよ足に馴染んで本領発揮してきました。このブーツは今まで買ったものの中で最も高性能で快適です。Gore-Tex仕様なのでちょっとした水たまりを歩いても濡れませんし、岩場でも安定していて良くできた四駆に乗っている気分です。街歩きには向きませんが、山へ入れば足が勝手に前に進むような感じ。厚手のウールの靴下との相性も抜群ですし、もう一足買ってしまおうかな、と考えている今日この頃。この秋は紅葉狩りが楽しみです。
[PR]
# by tarosworld | 2010-09-23 16:06 | ブツ

NDフィルター

Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR/Hoya NDx8
d0069550_14284939.jpg

最近滝の写真を撮るのがマイブームになっていますが、光の具合によってはどうしてもスローシャッターが切れないのでNDフィルターを導入しました。HoyaのNDx8です。52mmと77mmを用意しましたが、昨日55-300mmズームを買ったので58mmも用意しないといけません。

上の写真は近所のトレイルを歩いてちょっとした滝を撮影したものです。NDx8は3段アンダーになるフィルターですが、明るい状態ですとISO 100でもF16以上絞らないと1秒以上のシャッタースピードにはなりません。

Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR/Hoya NDx8
d0069550_14315011.jpg

AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VRとNDx8も用意できたので、今年の秋は滝を追う秋になりそうです。
[PR]
# by tarosworld | 2010-09-20 14:34 | 写真・カメラネタ

AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR を導入

野球を観に行く機会があったので、途中にあるカメラ屋でAF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VRを購入しました。最近出たばかりの一番安い300mmズームです。買ってすぐにNikon D5000に付けて使い始めたのでまだ細かい事は分かりませんが、造りは良くしっかりしています。フォーカスも速く、特に不満はありません。取りあえず数枚作例を撮りました。

日米通算3,500安打を放った後、3,501安打目を狙うイチロー。
d0069550_1542561.jpg

座った席からテレ側で撮るとこんなアップになります。
d0069550_1544751.jpg

これが3,501安打目。
d0069550_1573323.jpg

テレ側の開放値がF5.6なのでナイターだとISO 3200に上げなければカメラぶれはしなくても被写体ぶれを起こします。VRはオンにした状態でシャッター速度は大体1/180から1/250程度、絞りはF8で撮影しました。

ところでカメラマン席は日本人のカメラマンに占拠されている印象でした。やっぱり記録がかかるとあちこちからやってくるようです。知り合いのカメラマンも含めてほぼキヤノンでしたね。キヤノンはそんなにスポーツカメラマンには使い易いのでしょうか。

それにしてもNikon D5000はISO 3200で撮っても等倍にしない限りノイズはご覧の通り気になりません。D200からデジタル一眼レフを使っている私には嬉しい限りです(D200は800以上は使えません)。どんどん高感度性能が上がれば暗くても小型・軽量のレンズが重宝されますね。今日買った55-300mmレンズは300mmレンズとは思えない程小型ですし、もう画素競争はいいから高感度競争をやってもらいたいです。
[PR]
# by tarosworld | 2010-09-19 15:16 | 写真・カメラネタ

Gitzo Basalt GT3830 導入

d0069550_1015520.jpg

インテリア写真の仕事用に新たにGitzo Basalt GT3830三脚を導入しました。以前はManfrottoの定番055の派生モデルを使っていましたが、あちこちにちょっとガタが来ていたのとエレベーターの使いにくさに閉口していたので買い替えを決意。特にエレベーターは重い機材を乗せると上下の際に「ガタガタガタ」とスムーズに動かないばかりか、かなり力を要するので引退させました。
d0069550_1045397.jpg

GT3830はSeries 3に属する製品で、パイプは太い方です。エレベーターの使用感は抜群で、重い機材を乗せても、またあまり力を込めずともスムーズに上下します。インテリア写真は三脚は必須なので、今までのManfrottoの時はかなりのストレスでした。
d0069550_1073154.jpg

Basaltシリーズはパイプに玄武岩(バサルト)繊維を使用したユニークな三脚で、これは一般のアルミの55%程度の重量しか持たない為に見かけのゴツさから受ける印象よりもずっと軽く拍子抜けします。それでも400mmまでのレンズに対応とメーカーが謳っている通りもの凄くしっかりした三脚で、スローシャッターの多いインテリア写真でも安心して使えそうです。
d0069550_1010256.jpg

Basaltは火山の溶岩をイメージしたオレンジがアクセントとしてあちこちに使われていて、格好良いデザインだと思います。雲台はManfrottoの410というギア式のもの。この雲台はManfrottoの傑作のひとつだと思います。インテリア写真では超広角レンズを使う為に水平をきちんと出さなければなりませんが、自由雲台ですとバブルレベルがあってもなかなかうまく行きません。ところがこのギア式雲台ではつまみを回す事で正確に、かつ確実に水平が取れるので非常に重宝しています。Gitzoからギア式の雲台が無いので、この雲台はしばらく手放せそうにありません。

今までManfrottoの三脚オンリーでしたが、前回のMountaineer三脚の抜群の使い勝手の良さに一気にGitzoユーザーへと鞍替えしてしまいました。一度手や指が覚えた道具は余程の事が無い限り変えない主義の私ですが、Gitzoへの移行は全く問題なくスムーズでした。それだけGitzoは使い易い三脚なんだと思います。
[PR]
# by Tarosworld | 2010-09-18 10:16 | 写真・カメラネタ

Asoloの登山靴

d0069550_12595663.jpg

私がずっと愛用して来た登山靴はNike ACGシリーズのモデル(モデル名は失念)。近所の店でセールで買ったもので、確か1995年頃の購入だと思います。随分長持ちするもので、ソールもまだまだイケると思っていたのですが、前回オリンピック半島の森深く歩いていたら足に違和感を感じ、見てみるとこんな事になっていました。
d0069550_13050100.jpg

さすがに15年もするとゴムは劣化するのでしょう、石を踏んだ時にパックリやってしまったようです。幸い旅も終わりの時に壊れたので支障はありませんでしたが、よく山道を歩くのでもう少し本格的な靴を探してみました。

登山靴は普通の靴と選び方は随分違います。普段履きの靴は心地よいものを買えば良いと思いますが、登山靴は店頭で心地よいものはまず×です。柔らかいものは悪路を歩く事によるショックや靴の変形がそのまま足に伝わり、すぐに痛くなります。ソールの柔らかいものは店頭では好印象ですが、実戦には向きません。良い登山靴は固くて地面の凹凸を足の裏に伝えず、足が疲れないもの。また足が靴の内部でズレない事も重要です。つま先が靴の先に当たり続けると豆ができたり爪を痛めたりします。とにかく登山靴は普段履きの靴と違って悪路を長距離/長時間歩くので、妥協をすると目的地まで辿り着けません。店頭で店員とよく相談し、沢山の靴を履き比べて選ぶと良いと思います。
d0069550_1393548.jpg

私がそうして選んだのはイタリアのAsolo(アゾロ)と言うメーカーの登山靴。この靴は造りが非常にしっかりしていて私の足にもピッタリ。このメーカーのモノは初めてですが、ネットでの評判も上々でしたので購入しました。それにこれ、最近では珍しく欧州で製造されています。

週末は2日にかけて慣らしてみましたが、以前のNikeとは全然違うフィーリングで新品にも関わらず足への疲労や負担は非常に軽く、大変満足です。最近はフィールドフォトグラファー気取りで山の中で写真を撮る事が多いので、靴の重要性を再認識しているところです。ご参考までに。
[PR]
# by Tarosworld | 2010-09-13 13:16 | ガジェット

名無しの滝?

今日も滝を求めて森を歩きました。ただ目指していた滝は見つけられず、ガイドブックに載っていない滝に辿り着いてしまいました。この滝は確認できただけで5段もありますが、1段目は崖を登れず撮影できませんでした。それぞれの段は2メートルから5メートルの段差があるのでよじ登るのになかなか大変な思いをしました。

2段目(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_15392376.jpg

3段目(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_15393827.jpg

4段目と5段目(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_1539553.jpg

3、4、5段目の眺め(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_1540138.jpg


今日活躍したのもNikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR、そしてGitzo GT1541、Lowepro Pro Trekker 300 AWというトレッキングの際の標準装備でした。
d0069550_1544541.jpg


d0069550_1545868.jpg


Denny Creek(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_15462037.jpg

[PR]
# by Tarosworld | 2010-09-12 15:47 | ギャラリー

エントリーレベルでも実力十分!

d0069550_14445075.jpg

仕事で使う時はNikon D3にいわゆる三大元ズームレンズをメインに使いますが、山歩きは問答無用でNikon D5000とAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRのコンビです。Nikon D5000は個人的にはニコンの名作だと思います。エントリーレベルのカメラですが私が重宝している機能を挙げると:

・バリアングル液晶画面
・インターバルタイマー
・露出ディレイモード

この3つです。このうち露出ディレイモードはシャッターを押してからミラーアップし、1秒後にシャッターが切れるという機能。こんな「通」な機能がD5000のようなモデルに実装されているなんて凄いことだと思います。またバリアングル液晶画面は足場の悪い場所や高い所の撮影に思った以上に重宝しますので、これに慣れるとD3を使う時に不便に感じる程になります。

ひとつだけ欲しいと思う機能はGPS機能でしょうか。これはGPS搭載の携帯電話のカメラの便利さを知ってしまったが故のおねだりです。外部オプションで対応していますので何とかなるのですが、やはり次の機種では内蔵して欲しいです。

またAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRですが、重さわずか265gでどこに持って行っても全く苦になりません。焦点距離も最も実用的な18-55mm(27-82.5mm)です。しかし特筆すべきはその描写力でしょう。以下は三大元の一本、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDと比較したものです(等倍です)。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 開放
d0069550_1582845.jpg


AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G 開放
d0069550_1564771.jpg


AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED F11
d0069550_1565931.jpg


AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G F11
d0069550_1571244.jpg


AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDはAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6Gと比較して価格で7倍以上、重さで3倍以上、長さで1.5倍以上という代物ですが、描写はあまり変わりませんね。特にAF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6Gを持って行く場合はトレッキングなどで風景を主に絞って撮影しますので、私的にはAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDを持って行く事は罰ゲーム以外有り得ないのです。明るいレンズというのは開放付近で使う時に初めて価値が出るのであって、絞って使う場合はどんなレンズでも事実上「差は無い」と断言できると思います。

「苔の森」Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G
d0069550_15191379.jpg

この辺の森は温帯雨林なので、森の奥は全て苔に覆われています。深い森を歩いていてふと目をやると上の写真のような景色を見かける場合があります。でもこのような写真はNikon D3とF2.8ズームでは撮れないのです。何故ならそんな重い機材を持って何時間も森を歩けないのですから。
[PR]
# by Tarosworld | 2010-09-12 15:24 | 写真・カメラネタ

Twin Falls、Franklin Falls

今日は自宅から30分以内の滝2カ所に行ってきました。あいにくの雨だった為に思うように撮れず。と言うのもレンズに水滴が付いてしまって写真に写ってしまうからです。それもよりによってタオルを持って行くのを忘れたために、非常に難儀しました。

2カ所のうち遠い方のFranklin Fallsから見ました。ここは2年前の冬にスノーシューイングした場所です。落差は42メートル。

Franklin Falls(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_13565360.jpg

この滝は季節によって水量が随分変わります。この写真にある水量が標準的な量ですが、雨期には倍くらいの水量となり、荒々しい滝となります。あいにく撮影中は雨が強く降っていた為に、あまり撮らずに後にしました。

次の滝はTwin Fallsという名の滝。名称が「Twin」ですが、最低でも3段あります。何故「Twin」なのかは謎。

Twin Falls(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_13472124.jpg

上の写真は1段目と2段目。1段目はアクセスしずらい場所にあり、雨の斜面は危険なので今回は撮影を見送り。2段目は橋が掛かっているので容易に見る事ができます。

Twin Falls(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_13495492.jpg

これは3段目です。3段目は1、2段目よりもずっと落差があります。茶色い岩の上を滑り落ちるタイプの滝です。ここの落差は70メートル。タコのような形ですね。

Twin Falls(Nikon D5000/Sigma 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM)
d0069550_1351920.jpg

この位置から3段目の全景を三脚を立てて撮影するのは無理です。手すりが邪魔なんですね。ですから手持ち撮影となるので、長時間露光はできません。

Twin Falls from Snoqualmie River(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_13543760.jpg

ちょっと川に降りて3段目を撮影してみました。ここからもやはり左端を見る事はできません。ちょっと無理して川を渡れば何とかなりそうですが、今日は一人だったので安全の為に無理はしませんでした。

iPhoneで撮影した、撮影の様子。
d0069550_13593554.jpg

このように近所にも沢山の滝があります。ただ全て結構な運動量を伴うハイキングを要するので今まではコンパクトカメラでスナップしてばかりでした。しかし軽い三脚と軽いデジタル一眼レフを導入した事によって本格的な写真が撮れるようになったので、これから少しずつ撮影して行こうと思います。

ちなみに今日は18%グレーカードを持って行ってホワイトバランスをプリセットした状態で撮影しました。この為RAW現像時にホワイトバランスをいじる必要は全くなく、あっという間に現像処理が終わりました。やはりグレーカードは持参すべきですね。
[PR]
# by tarosworld | 2010-09-09 14:03 | ギャラリー

滝や森の撮影について

最近森や滝を撮影する機会が増えているのですが、これがなかなか撮影が難しいのです。オートで撮るとまずうまく撮れません。ですから、全てをRAWで撮影後に記憶を頼りに忠実に再現しています。

森や苔などの緑が画面の大部分を占める被写体の場合、カメラのホワイトバランスをオートにしていると「緑過ぎる」と判断される為にマゼンタが強く効いた色に補正されてしまいます。このような写真は緑色がくすんでしまって見た目と全く違う印象のつまらない写真になってしまいます。滝がある場所は植物や苔が多いので同じように画面全体が緑色で占められますから、そのまま撮ると同じような問題に直面します。

一番確実なのは18%グレーカードを持参し、ホワイトバランスをプリセットする事です。しかし荷物の制約がある場合など、私の場合は全てマニュアルホワイトバランスで太陽光に設定し、RAWで撮影しています。こうすると後からホワイトバランスをApertureで一括調整するのが楽になります。

以下の作例は太陽光のホワイトバランスで撮った写真です。早朝の、しかも陰だった為に色温度が低くまるでタングステンフィルムで撮影した写真のようになっています。色温度は5089K。
d0069550_15571758.jpg

以下はApertureでホワイトバランスを補正した写真。色温度は設定値で28453K。
d0069550_15592571.jpg

これで見た目の印象になりました。調整方法はホワイトバランスが見た印象通りになるまで上げるか、滝の一部をグレーに見立てて自動補正する方法があります。私は両方使いますが、自動補正の方が簡単です。と言うのも調整してると途中で目がおかしくなるからです。料理をしていて味見を繰り返すと味の感覚がおかしくなるのと一緒ですね。こうなるとしばらく画面から離れて10分休憩することにしています。でも自動なら補正に一貫性がありますし、少しずれていても微調整で済みます。

グレーカードを持って行っても良いのですが、太陽の位置は逐一変化して色温度も変化しますし、その都度設定しなおすのは面倒です。また、かさばるので躊躇するんですよね。ですから、色温度は太陽光で固定してやるのが一番手っ取り早いと思います。

ところで意図する絵によってホワイトバランスは自由に微調整することもできます。例えばこの作例では「見た目に忠実」に再現していますが、写真は表現方法ですから水を少し青っぽくして独自の雰囲気を出す事もできます。その場合はホワイトバランスを多少低めに設定して、水に青味を含ませます。いずれにせよRAWでの撮影をおすすめします。
[PR]
# by tarosworld | 2010-09-08 16:05 | 写真・カメラネタ

The Columbia River Gorge

ワシントン州とオレゴン州の境となるコロンビア川のオレゴン州側の峡谷へ1泊で出かけました。ここは雄大なコロンビア川に沿って様々な自然を楽しむ事ができる場所で、1泊2日では全部見る事はできません。しかし自宅から4時間程度なので3連休などの際には積極的に出掛けてみようと思います。

Multnomah Falls(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_13552062.jpg

コロンビア峡谷で一番有名なのはこのMultnomah Falls。二重の滝で、途中に架かる橋からも一段目を間近で見る事ができます。落差は194メートル。

Multnomah Fallsを別の角度から(Nikon D5000/AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II)
d0069550_1357139.jpg

同じくMultnomah Falls(Nikon D5000/AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II)
d0069550_140365.jpg

Multnomah Fallsから東へ数分の所にHorsetail Fallsがあります。滝の途中で弧を描く軌跡の滝は「尾」という名前が付く場合がありますが、この滝はアメリカ人の目には馬の尾に見えるのでしょう。この滝は道ばたにあるのでアクセスが簡単です。落差は65メートル。

Horsetail Falls(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_13593254.jpg

Horsetail Fallsから崖を登ると、Ponytail Fallsと呼ばれる小さな滝が現れます。この滝は狭い口から勢い良く水が飛び出す様子が印象的。ポニーテールに見える為にこの名前が付いています。この滝はコロンビア峡谷にある77の滝の中でも私が好きなもののひとつ。落差は23メートル。
Ponytail Falls(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_1451249.jpg

Ponytail Fallsは裏側に回って見る事もできます。(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_14175435.jpg

Ponytail Fallsから東に行くと、Wahclella Fallsがあります。この滝へ行くには2キロ程度ハイキングする必要がありますが、途中にも沢山の見所があり最後に大変神秘的な滝に辿り着きます。苔の黄色や緑色と滝の白、岩や滝壺の黒がとても美しい滝です。落差は39メートル。
Wahclella Falls(Nikon D5000/Sigma 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM)
d0069550_14211134.jpg

Wahclella Falls(Nikon D5000/AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II)
d0069550_1422353.jpg

更に東へ行くとStarvation Creekという川から落ちるStarvation Creek Fallsがあります。この滝へ辿り着くハイキングコースが見つからなかったので滝壺を見る事はできませんでしたが、下から見ても迫力満点で、水量が多い季節は相当の迫力なんだろうと想像できます。落差は57メートル。

Starvation Creek Falls(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_1425130.jpg

Starvation Creek。滝ばかりでなく川にも目を向けると、苔に覆われた岩を流れる美しい水の流れを見る事ができます。(Nikon D5000/AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II)
d0069550_14272361.jpg

コロンビア峡谷には全部で77の滝があるそうです。滝のほとんどはある程度ハイキングが必要なので、1日で回るにはこれが限界です。今回は天気の都合で1泊だけでしたが、次はもっと時間を取ってゆっくり回ってみたいと思います。

今回も機材は必要最小限に抑えました。Nikon D3で撮影したいところですが、やはり長い山道を歩くのでキツイと思われます。カメラの絶対的な技術的性能よりも機動力という性能の方が重要な分野なので、これからもD5000が滝撮影のお伴になることでしょう。また、滝の撮影には三脚が必須です。最近購入したGitzo GT1541が無ければ撮れなかった写真です。高いカメラやレンズに投資すれば良い写真が撮れるのではなく、やはり写真の基本はフットワーク、そして軽いフットワークを可能にする機材である事が重要です。
[PR]
# by tarosworld | 2010-09-08 14:42 | ギャラリー

山を歩く際の装備

d0069550_1361285.jpg

前回のエントリーではオリンピック半島で撮影した写真を紹介しました。オリンピック半島は全体が雨林で覆われ世界一の大きさの杉の木など非常に豊かな自然を楽しむ事ができます。しかしその多くはクルマでは辿り着けない場所にあり、数時間かけて森の中を歩かなくてはなりません。従ってなるべく軽装備を心がけ、余計なモノは極力持って行かない事が良い写真を撮る秘訣になります。

今回持って行った機材のリストです。

Nikon D5000
AF-S DX Nikkor 18-55mm F3.5 - 5.6G VR
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
Sigma 10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM
Gitzo Mountaineer GT1541
Lowepro Pro Trekker 300 AW
Camelbak

レンズは標準ズームレンズであるAF-S DX Nikkor 18-55mm F3.5 - 5.6G VRの他に中望遠マクロと超広角ズームの3本。実戦では標準ズーム9割がでの撮影でした。マクロレンズはごく限られた小さな植物の接写と山の夕焼けに、シグマの超広角は世界最大の杉の木を撮影した際に使用した以外あまり使う気にはなれませんでした。

三脚は購入したばかりのGitzo。薄暗い雨林を絞って撮影する為に三脚は必須ですが、重い三脚では機動力に影響して良い写真が撮れません。カーボンファイバー製の三脚は機動力があり、その重さは全く苦にならず行きたい所で撮りたい被写体を撮る事ができました。コレ以外の三脚では今回撮った写真の多くを撮る事ができなかったでしょう。

カメラボディは所有する一眼レフでは一番小型軽量のD5000。これは大正解でした。常時三脚にマウントした状態でも片手で何の苦にもならず歩き回れますし、さらにバリアングル液晶モニターは頭上の被写体を無理無く楽に撮影でき、本当に重宝しました。

また、何時間も歩くのでリュックは必須です。そして当然水分補給が必要なので、私はCamelbakのストロー付き水筒を利用します。この水筒はストローが胸元までに伸びるので、歩きながら水分補給が可能です。私がよく使うリュックはLoweproの大型のもので沢山の機材が入って水筒も内蔵できる優れものですが、欠点は機材へのアクセスがし辛い事です。今回9割の写真を標準ズームで撮影しましたが、理由は使用頻度の高い焦点距離である事の他にリュックに格納している機材を頻繁に出し入れするのは非現実的だったからです。ですから頻繁にレンズの付け替えをする場合はこのリュックは使えません。と、言うよりも全てのリュックは使えないと考えた方が良いでしょう。リュックはあくまでも目的地へ機材を運ぶためのものであって、歩きながら撮影するという場合はウェストベルトにレンズケースという装備が唯一の選択肢のように思えます。下の写真はLoweproの製品です。
d0069550_13123763.jpg

今回の経験を踏まえ、次に雨林へ撮影にでかける場合は以下の装備で臨みます:

Nikon D5000
AF-S DX Nikkor 18-55mm F3.5 - 5.6G VR
AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR (購入予定)
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
Gitzo Mountaineer GT1541
Camelbak
Lowepro ウェストベルトとレンズケース
水筒内蔵可能な普通のリュック

今回との違いは望遠ズームとウェストベルトの追加、そしてカメラ専用リュックを一般のリュックに替えることです。望遠ズームは鹿や鳥などの野生動物に出会った時に使う為で、今回何度も悔しい思いをした教訓です。レンズは全てウェストベルトに格納し、リュックはCamelbakを内蔵できるタイプのもので、上着や食料を入れる為のものとして使用。これで体感重量も機材へのアクセスの問題も一気に解決できます。

出発前は「良い写真を撮るゾ!」と機材はNikon D3に三大元を持って行くつもりでしたが、本番前にその装備で近所を歩いたら1時間もしないうちに肩は凝るわ首は痛くなるわ手首はしびれるわで惨憺たる結果に終わってしまいました。写真を撮る道具はスペックなどの絶対的な性能の他に、機動力などの性能も非常に重要である事を思い知った次第で、TPOに応じて最適な機材を選択する事の重要性を再認識した旅となりました。
[PR]
# by tarosworld | 2010-09-04 13:43 | 写真・カメラネタ

Olympic National Park

1泊2日でシアトルの西に位置するオリンピック半島へ出かけました。オリンピック半島にあるオリンピック国立公園は雨林で有名な場所で、さながら「もののけ姫」の世界を歩いているようでした。
d0069550_12441914.jpg

d0069550_12443413.jpg

d0069550_12444752.jpg

上の3枚は「Hoh Rain Forest」と呼ばれる雨林のようす。雨が豊富なこの地方は苔に覆われた木々が生い茂り、緑豊かな森を形成しています。
d0069550_1245246.jpg

この滝は「Sol Duc Falls」を呼ばれる三重の滝。
d0069550_12451757.jpg

この滝は「Marymere Falls」で、写真はその一部です。
d0069550_12453280.jpg

d0069550_12455089.jpg

上の二枚は「Madison Falls」の一部。
d0069550_1246365.jpg

d0069550_12461631.jpg

夕焼けの写真は「Hurricane Ridge」から見たオリンピック山脈の夕焼け。露出を-1.5EV程度にすると肉眼で見るよりもずっと濃い色に写ります。
[PR]
# by tarosworld | 2010-09-04 13:04 | ギャラリー

Gitzo Mountaineer GT1541 & GH1780QR

d0069550_056598.jpg


ハイキングや旅行用にGitzo GT1541を購入しました。雲台はセンターボールヘッドのGH1780QR。この三脚とTravelerシリーズのGT1541Tと迷いましたが、高さが決め手となってコチラにしました。折り畳んだ時の長さはGT1541Tよりも長いのですが、ハイキング時にメインで使っているカメラ用リュックのLowepro Pro Trekker 300 AWの三脚格納部が縦に長く、GT1541でも多少伸ばさないといけないくらいなので問題ありません。

d0069550_0562021.jpg


カーボンファイバー製の三脚は流石に軽いです。これくらい軽ければ重量をほとんど無視できる程なので、撮影範囲が広がるでしょう。

d0069550_0563862.jpg


ただ脚の細い三脚なのでカーボンファイバーと言えど200mmが限界です。風の強い日などはGT1541ではブレると思います。また200mmレンズの場合構図を決めて手を離した後など2秒程「ボヨヨヨン」と振動するので、レリーズを使うかセルフタイマーを使った方が確実です。この辺は脚の細い軽量三脚の物理的な限界でしょう。長いレンズを使う場合はもっと脚の太い三脚が必要です。
[PR]
# by tarosworld | 2010-08-30 01:05 | 写真・カメラネタ

ガムの壁

d0069550_125257.jpg

シアトルのダウンタウンの一角。このビルの壁は一面ガムで覆われています。何でもアートにしてしまうシアトルの風景です。ちなみに歩いてる人は一面銀色でした。非日常的な雰囲気に仕上げてみました。
[PR]
# by tarosworld | 2010-08-29 12:07 | ギャラリー

Mercedes-Benz

サムライのような目つきが印象的。
d0069550_13544062.jpg

Nikon D3
AiAF Nikkor 85mm F1.4D
[PR]
# by tarosworld | 2010-08-22 13:55 | ブツ

PLフィルタによる周辺光量の低下

d0069550_13272639.jpg

写真は2002年型Volvo V70XC。今年で8年間の付き合いです。先日東へ2時間ほど行った場所でパチり。この写真はPLフィルターを付けて撮影しましたが、どうも周辺光量が低下するようです。フィルタはNikon純正の最新型なので薄型、レンズは最新の70-200mm F2.8。デジタルになってからあまりPLフィルターは使っていなかったのですが、フィルム時代にはあまり感じなかった事なので不思議です。
[PR]
# by tarosworld | 2010-08-19 13:32 | 写真・カメラネタ

ノクトニッコールによる星空の描写

d0069550_13414841.jpg

ノクトニッコールはコマ収差を極力排した設計で有名なレンズです。58mm F1.2という明るさは露光時間を最小限に抑えたい天体撮影には理想的なスペックを誇ります。この写真は地平線付近の夏の天の川を撮影した写真。ISO 3200、絞り開放、露光時間は6秒。たったの6秒なので地球の自転による星の移動は地平線付近でも見られません。

ノクトニッコールは開放からコマ収差を良好に補正していて、多くの天体写真家に愛好されています。しかしどのレンズにも共通することですが、開放よりも1、2絞り絞った方がシャープです。開放では周辺光量も落ちますが、パソコンによる画像処理が発達した現代ではあまり問題にはならないのかも知れません。この写真も開放での撮影ですが、画面で見る限り不満はありません。それよりほとんどスナップ感覚で天の川がこんなにハッキリ写るなんて、フィルム時代には考えられなかったことですね。

Nikon D3 @ ISO 3200
Ai Noct-Nikkor 58mm F1.2S @ F1.2 開放
露光時間 6秒
[PR]
# by tarosworld | 2010-08-18 13:49 | ギャラリー

レニア山に沈む天の川

d0069550_9554735.jpg

ペルセウス座流星群の極大日から3日後の夜空です。レニア山を西に見た景色で、天の川が沈んで行く様子を撮影しました。ちょうどレニア山の山頂付近でペルセウス座流星群のものを思われる流星が流れました。赤道儀無しでこれだけの星が撮れる時代になりました。Nikon D3のISO 6400の威力は絶大です。

d0069550_9574759.jpg

レンズはAF-S Nikkor 14-24mmで、14mm開放で撮影。画角114度で天の川の多くを捉えています。シアトルは一年の9割が曇り空。夏のほんの数週間だけの間の天の川です。それも月の無い夜、仕事の都合がつく夜を狙わなければいけないために、シアトルではなかなか天体写真を撮る事ができません。
[PR]
# by tarosworld | 2010-08-17 10:01 | ギャラリー