<   2012年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Fujifilm X-Pro1 Part 9

今日は日曜日、雨の予報は見事に外れ!綺麗に晴れ渡ったのでシアトルの観光地をてくてく歩く事にしました。散歩写真のお伴は当然X-Pro1です。
d0069550_14362678.jpg

XF 35mm F1.4 R

Pike Place Market


d0069550_1437297.jpg

XF 35mm F1.4 R

この人の歌は哀愁漂ってたなぁ。


d0069550_14375562.jpg

XF 35mm F1.4 R

良く見ると面白いパイプです。


d0069550_14382649.jpg

XF 60mm F2.4 R Macro

ハルクホーガンのような男とピエロ?


d0069550_1439031.jpg

XF 35mm F1.4 R

スタバ一号店前にて。このバンドはなかなかイイんです。


d0069550_1439227.jpg

XF 18mm F2.0 R

Pike Place Marketにて。


d0069550_14395260.jpg

XF 18mm F2.0 R

シアトルはリベラルでアートな街なんですよ。


d0069550_1440173.jpg

XF 18mm F2.0 R

この銀色の人形は街灯なんです。


d0069550_14404091.jpg

XF 60mm F2.4 R Macro

良く出来た銅像(?)ちなみにこんなに美しいのに彼女は彼です。


d0069550_14411045.jpg

XF 18mm F2.0 R

結婚式があったみたい。


d0069550_14413556.jpg

XF 18mm F2.0 R

シアトル美術博物館の入口にある動く像。


d0069550_14415061.jpg

XF 18mm F2.0 R

新旧のビル群が入り乱れるダウンタウン。


d0069550_1442263.jpg

XF 18mm F2.0 R

ゲイパレードがあった日なのであちこち虹色でした。


d0069550_14421692.jpg

XF 18mm F2.0 R

博物館の横のビル。メタリックな質感がいい。


d0069550_14422717.jpg

XF 18mm F2.0 R

Smith Tower


d0069550_14423962.jpg

XF 18mm F2.0 R

パイのお店で。ゲイパレードの帰りで疲れてるみたい。


今日は12kmほど歩きましたが、3本の交換レンズを持ってても全く重さは気になりませんでした。やはりお散歩写真はX-Pro1です。D3Sに交換レンズなんて持って行ってたら途中で挫折していたでしょう。X-Pro1は軽いわりに写りが良いので今後はD3Sの出番が急減する予感。カメラは絶対的性能よりもやはり機動力、常に持ち歩けるものが一番良いです。

ちなみに上の写真は全てJPEGで撮影したものです。カラーはAstiaモードで撮影。個人的にはAstiaが一番好きかな。Proviaだと渋過ぎてちょっとつまらないので。JPEGで満足できたのはX-Pro1が初めてです。
[PR]
by tarosworld | 2012-06-25 14:56 | 写真・カメラネタ

Fujifilm X-Pro1 Part 8

今回はX-Pro1の撮って出しの写真の色の単純比較。今朝は雨上がりの曇りの午前中で明るい曇りという理想的な天気だったので色の傾向を見るにはもってこいです。取りあえず裏庭を撮影してフジ得意のフィルムモードを検証します。今回は緑と赤の発色を見てみます。

d0069550_231633.jpg
Provia



d0069550_2311980.jpg
Velvia



d0069550_2313041.jpg
Astia



d0069550_2314046.jpg
Pro Neg High



d0069550_231515.jpg
Pro Neg Standard


ここでは忠実度(見た目との比較)を見ます。結論から言うと緑の発色はVelviaが、赤の発色はPro Neg Highが一番近い結果となりました。光線具合や被写体、表現目的で何が最適かは変わってきますが、パッと見はやはりVelviaが一番綺麗ですね(その代わりシャドウは潰れます)。標準のProviaはどの色も無難でシャドウの階調もよく出ています。総合的なバランスではAstiaが良いかも知れません。

X-Pro1はJPEG画像が良いのでRAWで現像したものよりJPEGの方が発色が良い場合が沢山あります。私は景色は間違いなくRAWで撮りますが、様々なフィルムモードの特徴を参考としながらRAW現像するのが楽しいと思います。

X-Pro1はこの他ダイナミックレンジの拡張機能などもあるので、Velviaで気になるシャドウの潰れも改善出来るのかも知れません。このカメラは設定出来るパラメータが豊富なので、全ての性格を把握するにはもう少し時間がかかりそうです。
[PR]
by tarosworld | 2012-06-25 02:46 | 写真・カメラネタ

Fujifilm X-Pro1 Part 7

今日は大雨が降ったり晴れたり色々と忙しい土曜日でした。晴れた隙にX-Pro1を連れて山と滝を撮りに行きました。この山は90年代初め頃に流行った「Twin Peaks」にも出てくるMt. Siと言う山。

d0069550_12173313.jpg
XF 18mm F2 R

d0069550_1218051.jpg
XF 60mm F2.4 R Macro

Mt. Siから西に5分くらい行くと、やはり「Twin Peaks」に出てくるSnoqualmie Fallsがあります。今日は大雨が降ったので水量がもの凄く、ズブ濡れになってしまいました。カメラが心配でしたが何とか誤作動も無く撮影できました。

d0069550_1220327.jpg
XF 35mm F1.4 R

d0069550_1221962.jpg
XF 35mm F1.4 R

d0069550_12212495.jpg
XF 18mm F2 R

この滝は水力発電所も併設していて、何やら拡張工事をしているようでクレーンが殺風景ですね。左上に見えるホテルも「Twin Peaks」に出てます。Salish Lodgeというホテルですが、冬に泊まるといい感じです。
[PR]
by tarosworld | 2012-06-24 12:23 | 写真・カメラネタ

Fujifilm X-Pro1 Part 6

X-Pro1でのピント合わせについてです。この花は人差し指の爪ほどのとても小さな花ですが、その美しい姿は接写しないと分かりにくい花でもあります。英語では「Herb Robert」、日本語では「ヒメフウロ」。日本ではレッドリストの指定を受け採取不可となっているようですが、元々外来種の為にワシントン州では見つけたら積極的に駆除するよう指導されています。が、私はこの花が好きなので庭で自由に咲かせています。
d0069550_1575079.jpg

上の写真はX-Pro1とXF 60mm F2.4 R Macroで開放で撮影したもの。ベルビアモードで撮影しています。この花は小さいので一眼レフでピント合わせをしてもきちんと合あわせるのは至難の技なのですが、X-Pro1の高精細な液晶画面ですと非常に正確にピント合わせをすることができます。下の写真は上の写真を等倍でクロップした写真です。
d0069550_1510741.jpg

この写真はマニュアルフォーカスで撮っていますが、このカメラで接写する機会が増えそうです。いつか等倍撮影ができるマクロが出たらいいな。
[PR]
by tarosworld | 2012-06-18 15:12 | 写真・カメラネタ

Fujifilm X-Pro1 Part 5

友人とシアトルのマディソン通りにあるレストランで昼食を一緒した時に撮影した写真です。全てXF 35mm F1.4 R、全て開放にて撮影。仕上がりはプロビア。このレンズは開放で撮ると楽しい。

d0069550_11374072.jpg


d0069550_11375229.jpg


d0069550_1138431.jpg

[PR]
by tarosworld | 2012-06-18 11:39 | 写真・カメラネタ

Fujifilm X-Pro1 Part 4

Fujifilm X-Pro1にXF 60mmを付けて庭の花を撮ってみました。AFで撮りましたが、このカメラのAFはとても正確で毎回狙ったところにドンピシャでフォーカスが合います。

d0069550_12125231.jpg


d0069550_1213585.jpg

[PR]
by tarosworld | 2012-06-14 12:13 | 写真・カメラネタ

90年前の汽車

d0069550_932761.jpg

d0069550_9323752.jpg
d0069550_9322373.jpg

d0069550_9325125.jpg

d0069550_93342.jpg

d0069550_9332623.jpg

d0069550_9334412.jpg

d0069550_93428.jpg

d0069550_9341490.jpg

Nikon D3S / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
[PR]
by tarosworld | 2012-06-03 09:35 | ギャラリー

今日も雨

今日も相変わらずの雨ですが、めげずに近所の森に行って来ました。この辺の森は豊かです。
d0069550_9123815.jpg
d0069550_9122852.jpg
d0069550_9121132.jpg

Nikon D3S / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
[PR]
by tarosworld | 2012-06-03 09:14 | ギャラリー

Fujifilm X-Pro1 Part 3

適当に裏庭にある植物をプロビアモードとベルビアモードで撮影してみました。緑はやはりベルビアが綺麗です。ひとつ気付いたのはX-Pro1は1/3段、或は2/3段ほどオーバーになる傾向があるようです。従って、私は常に-1/3段で撮影するようにしています。

35mm F1.4開放。プロビア。ちょっとオーバー気味。
d0069550_147270.jpg


60mm F2.4→F2.8。ベルビア。
d0069550_1473870.jpg


60mm F2.4→F2.8。ベルビア。
d0069550_1491213.jpg


60mm F2.4→F2.8。ベルビア。
d0069550_1495579.jpg


60mm F2.4→F2.8。ベルビア。
d0069550_1503635.jpg


18mm F2開放。ベルビア。
d0069550_151988.jpg


どのレンズもなかなかの描写です。フォーカスはオートで撮影しましたが、これを見る限り開放からでも狙ったところに無難にフォーカスしているようです。EVFは思ったより使い易いので、多様しそうです。
[PR]
by tarosworld | 2012-06-03 01:54

Fujifilm X-Pro1 Part 2

Fujifilm X-Pro1 を導入してから1週間、まだあまり撮影してませんが段々慣れてきました。以下の作例はマリナーズを観戦した時に撮影したもの。レンズは18mmと60mm、作例は1024ピクセルにリサイズした以外はカメラ撮って出しです。モードはプロビア。

X-Pro1は巷ではノロマなどと言われていますが、自分的には特にイラつく程のものでもないようです。基本的に道具と言うのはクセがあるもので、それを理解して慣れてしまえばどうってことはありません。以下の写真のように動きの速い野球でもカメラのクセを把握して慣れてしまえば狙った瞬間が撮れます。

d0069550_13154252.jpg


d0069550_13112992.jpg


d0069550_13114757.jpg


d0069550_1312260.jpg


d0069550_1312169.jpg


d0069550_13123659.jpg


d0069550_13125937.jpg


スペック値秒6コマの連写でバッターの一振りのシーケンス撮影。全て60mm。

d0069550_1328455.jpg


d0069550_13282472.jpg


d0069550_13284434.jpg


d0069550_132913.jpg


d0069550_1329234.jpg


d0069550_13294454.jpg


Fujifilm X-Pro1は絵がいいですね。でも私は普段RAWで撮って自分の絵を作る主義なので、早くApertureもRAW対応して欲しいものです。カメラのレビューはもう少し使い込んでからにします。
[PR]
by tarosworld | 2012-06-02 13:37