<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

HDRで色々実験

HDR写真で色々実験しています。HDRは加工によっては写真というよりもコンピュータグラフィックスのような写真になったり、不自然/非現実的な写真になったりします。人によっては10枚くらいの写真からHDR写真を作り出すようですが、そのような写真はとても自然な感じには見えません。もちろんそういう効果を期待して加工する場合もありますから、それが悪い訳ではありません。

さて、HDR写真を作るには何も撮影時に何枚もブラッケティングをしなくてはいけない訳ではありません。一枚のRAW写真からでもHDRは可能です。下の写真は一枚のRAWファイルから加工したものですが、具体的にはソフトウェアで-2ev、0ev、+2evで現像して、それら3枚を組み合わせたものです。

これが元の画像。
d0069550_1505879.jpg

これが一枚のRAWファイルから作り出したHDR画像。
d0069550_1511555.jpg

写真右側の穴に注目すると、HDR写真の方は黒潰れが無く内部まで見る事ができます。そしてHDR写真だ、と言わなければ決してHDRとは分からないくらい自然だと思います。経験的に枚数が多く露出幅が広い素材ですといわゆるフラットで不自然な写真になりますが、枚数が少ないと自然な仕上がりになります。不自然なHDR写真はそれはそれで面白いのですが。

これは-2evから+2evまでの5枚のRAWファイルから作り出したモノクロのHDR画像です。
d0069550_1575442.jpg

こういうドリームライクな写真も面白いですね。

ところでNik Software HDR Efexはメモリを非常に消費して、処理中は他の処理が全くできないくらいになります。仕方ないので8GBへの増設を余儀なくされました。現在は4GBなので、どれくらい快適になるか(ならないか)また報告します。
[PR]
by tarosworld | 2010-10-16 15:10 | 写真・カメラネタ

HDR写真

撮影時に露出ブラッケティングで数枚撮影し、パソコンで合成するHDR(High Dynamic Range)写真が一般化してきました。HDR処理の目的はデジカメのイメージセンサーのダイナミックレンジ(フィルムで言えばラチチュード)の範囲を超えた映像を得る事です。私は今までPhotoshopに内蔵されていたHDR機能を使っていましたが、どうにもうまく行かずにNik SoftwareのHDR Efex Proを購入しました。これは独立したソフトではなく、PhotoshopやLightroom、Apertureなどのプラグインとして機能するものです。

早速先日行ったMt. Shuksanの写真で実験しました。写真は-1ev, 0ev, +1evの3枚をHDR合成したものです。まずはRAWをそのままJPEGとして出力した3枚。

-1ev
d0069550_340466.jpg

0ev
d0069550_3405980.jpg

+1ev
d0069550_3411234.jpg

そしてこれがHDR Efex ProにてHDR処理したもの。いくつかの仕上がり設定がありますが、これはデフォルトでノータッチ。
d0069550_3412617.jpg

ご覧のように、かなり自然な仕上がりになっています。山の雪の白トビや黒潰れは無く、赤は鮮やかに再現し、草などのストラクチャもつぶれずに奇麗に表現しています。今までHDR写真は不自然で敬遠する事も多かったのですが、HDR Efex Proのおかげで今度のネイチャー写真は全てブラケッティング撮影となる気がします。
[PR]
by tarosworld | 2010-10-13 03:46 | 写真・カメラネタ

秋の山々

ワシントン州を代表する山々へ紅葉狩りへ行きました。今年はあまり暑い夏ではなかったのですが、紅葉は例年と変わらず鮮やかです。日本の紅葉とはまた違う雰囲気です。

Mt. Baker
d0069550_6355285.jpg

Mt. Shuksan
d0069550_636816.jpg

Mt. Rainier
d0069550_6362766.jpg

[PR]
by tarosworld | 2010-10-10 06:37 | ギャラリー

ブーツ

最近山歩きをしながら写真を撮る事が多いのですが、山に入る時の一番重要な装備と言えばブーツです。整備された道ならば普通の運動靴でも構いませんが、悪路ではきちんとしたブーツが重要です。足をくじいてしまったらその時点で写真撮影はおろか、下山すら困難になります。ここアメリカ北西部は豊な森が多く写真を撮る身としては山に入る機会が多くなります。いわゆるバックパッカー人口も高く、週末になると登山口は沢山の人で賑わいます。

長年色々なブーツを履いてみましたが、最近買ったこのAsolo TPS 520 GVが一番のお気に入りになりました。Asoloはイタリアの靴なので日本人の足には合わない場合がありますが、幸い私の足にはピッタリです。サイズはアメリカサイズで11.5です。普通履く靴は10から10.5なので、このメーカーのサイズは実際よりも少し大きめなのでしょうか。
d0069550_3165178.jpg

そしてブーツと言えば(日本では)定番のDannerのマウンテンライトです。このブーツは伝統がありますが、私は普段履きとして履いています。このブーツは整備された登山道ならば快適ですが、ゴツゴツした場所や崖を登るブーツとしては少し華奢だと思います。その名の通り「ライト」なブーツなので本格的なトレッキングをする場合はAsoloなどがお勧めです。
d0069550_3231412.jpg

Asoloでサイズが11.5だったので、実際のサイズより少し大きめだと言われるDannerは11にしました。しかしそれでも少し大きめです。10.5にすれば良かったな‥‥。通販の盲点です。でも厚めの靴下を履けばそれほど問題にはならないようです。次買う時は10.5にしないと。
[PR]
by tarosworld | 2010-10-10 03:26 | ブツ