<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

リスの冬支度

北米は夏時間も終わり、標準時間になりました。こうなると日が沈むのがとても早く感じます。私の家の裏庭にはリスの好む木の実が沢山なるようで、いつもこの時期忙しそうに口いっぱいに溜め込んでいます。
d0069550_816996.jpg

このリス、いつも遊びに来るたびに私は部屋の中からカメラを構えるんですよね。リスの方も慣れたもので、いつもこの通りカメラ目線です(笑)私の愛犬はリスが遊びに来るたびに窓を引っ掻いてキャンキャン言います。一緒に遊びたいんでしょうね。
d0069550_8173970.jpg

Nikno D200
Ai AF Nikkor 180mm F2.8D
ISO 400/F2.8 開放(窓越し)
[PR]
by tarosworld | 2006-10-31 08:19 | ギャラリー

カメムシ

庭には去年植えたばかりの日本のもみじがあります。去年はシアトルとしては猛暑で、私とした事が水をやる回数が足りなくて葉を全部散らしてしまいました。その反省から、今年の夏はきちんと水をやった結果、秋になってとても綺麗に紅葉しました。
d0069550_5151326.jpg

本当はもみじの写真を撮っていたのですが、カメムシを見つけてそちらにフォーカス。赤に緑の体が栄えますね。カメムシもそろそろ冬支度でしょうか。

Nikon D200
Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D
[PR]
by tarosworld | 2006-10-26 05:17 | ギャラリー

Snoqualmie Falls

自宅から25分程度東に行くと、映画「Twin Peaks」の舞台となった街に着きます。ここにはアメリカ原住民達が「神の場所」と呼んだ、Snoqualmie Falls (スノーコルミーフォールス)という荘厳な滝があります。この滝は落差約 82m で華厳の滝ほどありませんが、水量はもっと多いです。特に雪解けの季節になると、ものすごい量になります。

下の写真は下まで降りて撮影したものです。スローシャッターで撮ってますが、水の流れはもっと荒々しいんです。この季節、滝には陽の光が当たらないのでスローで撮ってみました。
d0069550_2219269.jpg

上の展望台から撮るとこんな感じになります。ちょうど写っていないのですが、この滝の左側には Salish Lodge という高級ホテルがあります。ここではスパやマッサージなどが楽しめ、レストランも素晴らしい料理を出します。
d0069550_22222177.jpg

そして下の写真が数年前に撮影した、春の Snoqualmie Falls 。山からの雪解け水が圧巻ですよね。
d0069550_22243949.jpg

ちなみに下の滝壺にはこの季節、シャケが上がってきています。今日も釣り人が大きなシャケを釣り上げていました。私も今度チャレンジしてみます。

Nikon D200
Sigma 18-55mm F2.8
[PR]
by tarosworld | 2006-10-24 22:25 | ギャラリー

秋の散歩写真

LUMIX DMC-LX2 でのお気軽散歩写真。シアトルの秋も深まって、紅葉も次々に散っています。日本の紅葉とはまた雰囲気が違いますよね。
d0069550_9135763.jpg

ここはボーイング社に隣接する、湖畔の公園です。沢山のメープルの樹があり、秋になるととても美しい紅葉が楽しめます。この辺のメープルは一本の木に緑、黄緑、黄色、オレンジ、赤という素晴らしいグラデーションを持つ樹が多いんです。肉眼で見ても「彩度が高すぎる!」というくらいに鮮やかなんですよね。写真で見るときっと彩度を上げてるんだろうな、と思われるような景色です。
d0069550_9163685.jpg

こちらは縦に撮ったもの。LX2 は 16:9 のアスペクトなので、縦長になります。被写体によっては効果的でもあります。

Panasonic LUMIX DMC-LX2
[PR]
by tarosworld | 2006-10-23 09:17 | 写真・カメラネタ

Mac Pro の FB-DIMM

Aperture を導入してから、かつて「世界最速」を誇った我が Power Mac G5 Dual 2Ghz も「過去のマシン」になったなぁ、と実感しています。Photoshop その他は全くストレスありませんが、こと Aperture にかかるとモタつく事が多くなりました。実質的には問題無いんですけど、このマシンも 2004 年型だし、来年にかけて新調してもいいかなぁ、と思い Mac Pro のスペックなどを眺めたりしています。しかし一番のネックはそのメモリ仕様。普通の DDR2 ではなく、FB-DIMM を使ってるんですよね。
d0069550_2311447.jpg

このメモリの選択はハードウェアの構成上仕方の無いものだったようですが、ECC も 16GB も不要なので、普通の DDR2 仕様の Mac Pro を出して欲しいですね。何せ同じ容量でも FB-DIMM だと DDR2 の最低でも2倍の価格差です。4GB 積もうと思ったらアップルストアで $1,100 の追加です。Xeon じゃなくて、Core 2 Duo の Mac Pro で、シングルスロットでいいから普通の DDR2 搭載のマシンが出たらいいんですけどね。無理かなぁ。
[PR]
by tarosworld | 2006-10-17 23:17 | パソコン

Mt. Rainier at Sunrise

数年間ずっとイメージし続けてきた写真を、やっと撮影する機会に恵まれました。レニア山国立公園の Sunrise という場所(標高 6,400 フィート)から「ほろ酔い」のレニア山を撮影しました。午前7時過ぎ、日の出の光を浴びてピンク色に輝きます。
d0069550_2113751.jpg

ほろ酔いが覚めると、山は金色に輝き出します。
d0069550_3281615.jpg

この2枚の写真は Panasonic LUMIX DMC-LX2 で撮影しています。このカメラの絵作りは太いタッチで派手に描きます。

Panasonic LUMIX DMC-LX2
[PR]
by tarosworld | 2006-10-11 03:36 | ギャラリー

Aperture でモノクロ写真を作る

Aperture 導入から1週間。様々な機能をまだ試し続けています。Aperture の特徴は素晴らしいユーザーインターフェイスに尽きると思います。機能も Photoshop と比較して優れているものが沢山あり、毎日感動的な発見をしています。

今回はモノクロ写真を実験しました。この写真は Panasonic LUMIX DMC-LX2 で撮影したもので、オリジナルは 9/25 のブログに掲載されています。
d0069550_20515617.jpg

Aperture ではモノクロのチャンネルミックスが直感的で非常に扱いやすいです。この機能は Photoshop にも当然備わっていますが、Photoshop は色んなメニューの中に隠れているので直感的ではありません。Aperture で便利な機能を発見して、「Photoshop ではどうやるんだろう」と言った感じで後から Photoshop で機能を発見する事も多々あります。私は Photoshop は数年間使っているのですが、知らなかった機能を Aperture を通して新発見しています。

写真というのは右脳的活動だと思います。Aperture の写真加工に関係するほとんどのインターフェイスは右脳のみで使う事ができますが、Photoshop は左脳を使う事を強要する事が多いです。私は IT 関連の仕事をしていますが、趣味の写真を楽しんでる時くらい左脳を休めたいです。アドビさん、聞いてますか?
[PR]
by tarosworld | 2006-10-09 20:59 | 写真・カメラネタ

Aperture - Adjustment HUD とルーペ

Apple Aperture 1.5 を導入して3日経ちました。まだまだ機能の3割程度しか試していないと思いますが、非常に良いツールだと思います。決して Photoshop を捨てられる訳ではありませんが、お互いを補完し合うツールであって、優劣の問題ではありません。
d0069550_2238553.jpg

このツールは銀塩、特にリバーサルで多くの写真を撮る人にとってはとても自然なインターフェイスを備えています。ルーペ機能はライトテーブルに置いたリバーサルをルーペでピント確認をする、という作業をデジタルで行います。これは慣れてしまうと Photoshop などの「全体拡大ツール」には戻れません。
d0069550_22383224.jpg

私が一番気に入っているのは、Adjustment HUD です。Photoshop などでは様々な画像パラメータを補正するにはメニューから任意のパレットを操作するのですが、これが煩わしい。Aperture は全てのツールが Adjustment HUD に用意されているので非常に操作性が良い。また、Apple 製品らしく直感的なのですぐに慣れてしまいます。
d0069550_22403093.jpg

Aperture は撮影されたデジタル写真のワークフローを一括にマネージするツールです。ですから整理、補正、バージョン管理、そしてアウトプットまで一通りこなす事ができます。私のように何万枚というデジタル写真をパソコンでいじる者にとってはなくてはならないツールだと思います。
[PR]
by tarosworld | 2006-10-03 22:45 | 写真・カメラネタ

マリナーズ、2006 年シーズン終了

シアトルのベースボールシーズンが終わりました。昨日の最終戦は妻と友人二人で観に行きました。イチローは先頭打者ホームランなど2安打。今季打率 .322、安打数は 224 本と期待通りの活躍。城島はルーキーキャッチャーとしてはアメリカンリーグ新記録となる 147 本目の安打を最終打席に放っていました。
d0069550_9285859.jpg

相変わらず今年も最下位となってしまいました。打線はまずまずですが、投手陣が踏ん張れず敗れるというのがパターン化してしまった気がします。来年は投手陣を充実させて欲しいですね。日本から松坂が来れば最高なんですが。

Nikon D200
Ai AF Zoom Nikkor 70-300mm F4-5.6D
[PR]
by tarosworld | 2006-10-03 09:30 | 大リーグ

Apple Aperture を導入

Apple の「プロ仕様」フォトワークフローアプリケーションである「Aperture」を導入しました。Adobe Photoshop との連携で様々な機能やワークフローを補完するソフトウェアで、どんな事ができるのか(あるいはできないのか)非常に楽しみです。特に RAW 現像の自由度が Photoshop と比較してどうなんだろうか、と興味があります。今夜じっくり研究するゾ。
d0069550_6432076.jpg

ただひとつ残念なのは、LUMIX DMC-LX2 の RAW には未対応ということ。Adobe DNG に変換してもダメなんですよね。まぁ Photoshop で現像すればいいんですが、早く対応して欲しいです!
[PR]
by tarosworld | 2006-10-01 06:43 | 写真・カメラネタ