カテゴリ:写真・カメラネタ( 76 )

コイツはまだ負けてない

同僚の彼女が新聞社のカメラマン(こちらではフォトグラファーという呼び方が一般的)をしています。彼女はイチローなんかも撮ったりして、結構いい写真を撮ります。彼女曰く、「もうスポーツでフィルムを使ってる人はいない」そうですが、先日彼女がうちに遊びに来た時に下の写真にある Nikon F3H を連射させたところ、開いた口が塞がらないようすでした。

デジタルの進歩は目覚ましいものがあります。まあ F3H の 13.5 コマ/秒というスペックがデジタルに抜かされる日はそう遠くないでしょうね。私も早くその日が来ることを祈っています。だって 36 枚フィルムを 3 秒足らずで使い切ってしまうカメラなんて、お金がいくらあっても足りないよ。
d0069550_1638111.jpg

[PR]
by tarosworld | 2006-06-07 16:42 | 写真・カメラネタ

Nikon D200 のカラー設定の違いを試す

さて、先日お約束した Nikon D200 のカラー設定の違いを紹介します。カラー設定は3種類が用意され、Mode I は「人物撮影に適しています」、Mode II は「パソコンでの画像調整・加工に適しています」、Mode III は「風景やさまざまな被写体を鮮やかに再現します」、とあります。

Mode I
d0069550_16171744.jpg

Mode II
d0069550_16173078.jpg

Mode III
d0069550_16174229.jpg


今回は緑色の被写体を比較の対象に選びました。本来ならもっと色んな色があった方が参考になると思うのですが、まあ時間もアレでしたのでそれはまた次回ということで。上の3枚を見れば分かる通り、それぞれのカラーモードにはかなり個性があります。個人的には景色なら Mode II が適当かと思いますが、どうですか? Mode III は多少不自然な印象を受け、Mode I はちょっと渋すぎるかな?このブログの「ギャラリー」というカテゴリにもみじの写真があるんですが、あれは Mode III で撮ってます。かなり派手ですが、ああいうインパクトのある写真を撮るなら Mode III ですね。ただ彩度が高いのでレタッチすると色が飽和する可能性大なので、ほどほどに。
[PR]
by tarosworld | 2006-06-07 16:22 | 写真・カメラネタ

Nikon D200 のフォーカスエイド

Nikon D200 にノクトニッコールという、お気に入りのコンビネーションで撮影した愛犬です。感度は最高の 3200 相当、絞りは開放です。部屋はかなり暗かったので肉眼でのピント合わせはほぼ不可能。そこでカメラのフォーカスエイドを使って撮影しました。

結果はご覧の通り、ピッタシです。ノクトニッコールのように開放で被写界深度が極端に浅いレンズは暗いところでピント合わせするのは至難の業。フォーカスエイドは信頼性がかなりありそうなので、これから積極的に活用してみようと思います。
d0069550_1662832.jpg

Nikon D200
Ai Noct Nikkor 58mm F1.2S
[PR]
by tarosworld | 2006-06-07 16:09 | 写真・カメラネタ

Nikon D200 の Mode III を試す

森の奥へ入ると緑の豊かさに感動して沢山シャッターを切るのですが、フィルム時代はイメージと違って緑がうまく出ないのでPLフィルターを多用していました。デジタルの時代になってからは、カメラが色を自動的に補正してくれます。Nikon D200にも好みや意図に合わせたカラーモードが幾つか用意されています。今日は一番色が派手に出るMode IIIを試しました。

結果は以下の通り。左がRAWそのまま、右がMode IIIで撮った結果です。ご覧の通りMode IIIではド派手な発色となり、不自然に見えるほどです。かと言って、RAWの色は少し控えめで印象よりも少し渋い感じ。もちろんRAWはこれから様々な補正を行ってイメージ通りに仕上げることができますが、カメラが自動的にやってくれるのが理想的。次回はMode IおよびMode IIも併せて実験してみます。

d0069550_15395157.jpg

Nikon D200
Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
[PR]
by tarosworld | 2006-06-04 15:40 | 写真・カメラネタ

やっとリングフラッシュが使える

何年も前に購入したものの、その使いこなしの難しさから挫折し続けてきたリングフラッシュ。フィルムカメラでは撮影直後に結果が分からないので何度泣いたことか。とにかくリングフラッシュで完璧な露出を得るのは難しいんです。

しかしデジタル一眼レフならその場で結果を見ながら修正できるので、やっとリングフラッシュの出番が増えそうです。
d0069550_14114445.jpg

[PR]
by tarosworld | 2006-06-02 14:11 | 写真・カメラネタ

ノクトニッコールの強烈なボケ

ノクトニッコールは開放 1.2 なので、被写界深度が極端に浅くフォーカスが大変です。開放で撮ろうものならピンぼけ写真連発間違いなし。でもたまにドンピシャで撮れると、そのソフトで強烈なボケに惚れ惚れするんですよね。夜景・天体専用とされていますが、意外と色んな撮り方ができます。デジタル一眼ですと87mm相当になりますから、ちょうどポートレート用としても最適です。

Fuji Finepix S2 Pro
Ai Noct Nikkor 58mm F1.2S
d0069550_1317593.jpg

[PR]
by tarosworld | 2006-06-02 13:17 | 写真・カメラネタ