カテゴリ:パソコン( 9 )

読み込み速度の差

d0069550_1372391.jpg

週末に440カットをRAWで撮影しました。最近Lexar製FireWire 800のカードリーダーを導入したので、マックへの読み込みにどれくらいかかるのか、Sony製USB 2.0と二つのリーダーで計測してみました。テスト環境は以下の通り:

Lexar Professional 8GB 300X UDMA
440枚のRAWファイル
ファイルサイズ合計 6.56GB
カードリーダー1:Lexar FireWire 800
カードリーダー2:Sony USB 2.0

実験方法は全てのファイルを一気にハードディスク上にコピーするというもの。計測の結果は以下の通り:

Lexar FireWire 800:3分7秒
Sony USB 2.0:10分5秒

予想通り、Lexar FireWire 800が3倍以上の差で圧勝でした。今後更なるメモリカードの高密度化とデジタルカメラの高解像度化を考えると、USB 2.0での読み込みは辛いものがありそうです。特に撮影後に現場でクライアントに急いで見せたい場合などではFireWire 800の速度が必須になるでしょう。
[PR]
by tarosworld | 2010-01-11 13:18 | パソコン

MacBook Pro 17 インチモデルを導入

d0069550_187617.jpg

Photoshop CS4の機能が使いたくてマックをMacBook Pro 17インチモデルにしました。今まで使っていたPower Mac Dual G5はPowerPCなのでPhotoshop CS4が走らない為です。MacBook Pro 17インチは画面の解像度がPower Mac G5につなげている24インチモニタと同じなのと、処理速度がもはやPower Mac Dual G5 2.0Ghzを凌駕していることから、デスクトップ環境をほぼそのまま持ち運びできる環境が手に入ったことになります。技術の進歩は本当に早いです。また、画面もLEDによるバックライト、そして1920x1200という高解像度のおかげで画像がきめ細かく表示されるので写真に向いています。また、写真は光沢のある画面の方が黒が締まって美しく見えます。

前から持っていたゼロハリのノートパソコン用アタッシュケースに入れてみたところ、1ミリの狂いも無くMacBook Pro 17インチがぴったり入ります。寸分の狂いも無いとは正にこのことで、まるで専用ケースのようで驚きました。ポケットにはMagic Mouseもぴったり入って素晴らしいです。ここシアトルは雨が多いのとホコリっぽい建築現場に赴くことも多いので、ゼロハリやストームケースのようなケースは重宝します。
[PR]
by tarosworld | 2010-01-10 18:16 | パソコン

Adobe Lightroom 1.1 を導入

Adobe Lightroom 1.1 の現像画面
d0069550_17542138.jpg

Apple Aperture を導入して約1年、数万カットを一気に Aperture にて管理をしているのですが、Aperture の最大の欠点である動作の重さがどうも気になってしまって、最近 Adobe Lightroom を試しに導入してみました。Adobe の知り合いがいるので、市販の9割引(笑)まだインストールしたばかりなので何とも言えませんが、確かに動作は大変軽く時代遅れのG5プロセッサでも何の問題もなさそうです。あとはApertureとは違うインターフェイスに慣れる必要があります。今後両方のソフトを併用しながらどちらの方が優れたソフトか自分で判断したいと思います。

こちらは Apple Aperture の画面。Aperture のユーザーインターフェイスは本当に最高なんですけどね。動作がどうも重くて・・・新型マシンはまだ買う予定ないし・・・・
d0069550_17512358.jpg

動作が軽い改良版の Aperture が出れば最高なんですけどね。
[PR]
by tarosworld | 2007-09-07 17:56 | パソコン

アップルの新型キーボード

初代iMacに始まった旧型アップルキーボード、あれ私好きになれなかったんですよね。キーを押した感触がどうも気持ち悪くて。ちゃんとカチカチとしたフィードバックの来ないキーボードは大嫌いなんです。私の今までで一番好きだったキーボードはアップルの初代ADBキーボード。あのキータッチは本当に最高で、今でもそれをUSBアダプタを介して使い続けてる人がいるほどです。ただあのキーボードは高価($250もした)であるために、その後は安いパーツが使われたキーボードが製造されました。私に言わせれば初代ADB以降に出たキーボードは全部駄作。
d0069550_740235.jpg

そんな私の不満を聞いてか(?)最近アップルから新型キーボードが発売されました。これはアルミベースのボディーにロープロファイルのキーが配列された、とても変わったもの。キーストロークは見かけよりも深く、キーを「押す」というよりは「タッチする」という感覚でタイプするキーボードです。これ、人によっては慣れが必要ですけど、私は結構好きですね。少なくとも先代のキーボードよりずっと使いやすいです。値段も高くないので、今お使いのキーボードに不満がある人はスイッチしてもいいと思います。
[PR]
by tarosworld | 2007-08-21 07:42 | パソコン

メモリ増設

2004年型の Power Mac G5 Dual 2Ghz が私のメインマシンです。当時「世界最速」を誇った私のマックも、もう3年落ちということでパソコンとしては時代遅れですが Photoshop などでは全くストレスを感じません。ただ Aperture となると話は全く別で、Photoshop やその他の画像処理ソフトと同時に立ち上げるとマウスの動きに追従しない為にかなりストレスフルでした。ただ今まではメモリが 2.5GB でいっぱいいっぱいだったので、Mac Pro にアップグレードしようかどうしようか迷ったあげく、最近かなり安くなっているメモリを増設することでその場しのぎの対策を講じる事となりました。
d0069550_3504369.jpg

今回 2GB 増設を行って合計 4.5GB になったわけですが、Aperture ではページングが劇的に減り少し快適になったような気がします。Leopard が間近に迫っているので、Mac Pro も恐らく秋にはラインナップが一新されると期待して、取りあえずはこのマシンで頑張ります。
[PR]
by tarosworld | 2007-08-04 03:49 | パソコン

Mac Pro の FB-DIMM

Aperture を導入してから、かつて「世界最速」を誇った我が Power Mac G5 Dual 2Ghz も「過去のマシン」になったなぁ、と実感しています。Photoshop その他は全くストレスありませんが、こと Aperture にかかるとモタつく事が多くなりました。実質的には問題無いんですけど、このマシンも 2004 年型だし、来年にかけて新調してもいいかなぁ、と思い Mac Pro のスペックなどを眺めたりしています。しかし一番のネックはそのメモリ仕様。普通の DDR2 ではなく、FB-DIMM を使ってるんですよね。
d0069550_2311447.jpg

このメモリの選択はハードウェアの構成上仕方の無いものだったようですが、ECC も 16GB も不要なので、普通の DDR2 仕様の Mac Pro を出して欲しいですね。何せ同じ容量でも FB-DIMM だと DDR2 の最低でも2倍の価格差です。4GB 積もうと思ったらアップルストアで $1,100 の追加です。Xeon じゃなくて、Core 2 Duo の Mac Pro で、シングルスロットでいいから普通の DDR2 搭載のマシンが出たらいいんですけどね。無理かなぁ。
[PR]
by tarosworld | 2006-10-17 23:17 | パソコン

ハードディスク増設

本日私の画像処理専用機である Power Mac G5 の内蔵ハードディスクを増設しました。これで内蔵ハードディスクの容量は合計で 600GB になります。元々あった 160GB のハードディスクは外付けにコンバートし、バックアップ用となります。今日増設したハードディスクは Seagate 社製の Barracuda です。$89 ですから、ハードディスクもかなり安くなりましたね。
d0069550_0305770.jpg

写真というのは容量を食うもので、10メガピクセルの Nikon D200 で RAW 撮影すると1ファイルにつき 15MB 前後のファイル容量となります。これを 16bit 現像すると 35MB 前後となり、レイヤーを追加すると天文学的に容量が増えていきます。また、写真はバックアップが最大の課題ですよね。私は外付けハードディスクに定期的にバックアップをとり、そして DVD にも取っていますが、パソコンが盗難にあったり家が火事になったりした場合の備えはありません。そのうち 500GB クラスの大容量外付けハードディスクを買って1週間に一度実家に持っていって保管しようかなぁ、と考えている今日この頃です。
[PR]
by tarosworld | 2006-09-20 00:33 | パソコン

遂に本命・Mac Pro 登場

Intel Mac の真打ち、Mac Pro が登場しました。私の Power Mac Dual G5 2Ghz の何と5倍以上の処理能力を持つ、ちょっとバケモノのようなマシンです。パソコンの能力というのは急速に進歩するのどんどん速いマシンが出るのはうれしいものです。しかし私にとって今回出た Intel Dual Xeon 搭載のマックで一番うらやましいのは処理能力ではなく、内部のデザイン。パソコンもここまで高性能になると、性能よりも使い勝手やデザインに目が行きます。Mac Pro は内部に4基のハードディスクを内蔵でき、最大2TBものデータを格納できます。私のPower Mac G5は2基ですから、これはとてもうらやましいです。私は写真を多く格納するので、容量はあればある程いいんですよね。2TBもの容量、いいな〜。

新型 Mac Pro の内部。HD を4基搭載可能。
d0069550_11453050.jpg

参考までに、私の Power Mac G5 の内部。HD は2基まで搭載可能。
d0069550_11485227.jpg

それにしてもアップルのパソコンは美しいですね。
[PR]
by tarosworld | 2006-08-11 11:46 | パソコン

私の電子暗室

これが私の電子暗室です。ここで会社の仕事はしません。マシンはマックのみです。ウィンドウズでどうもクリエイティブなことをするのが苦手です。不思議ですよね。

Power Mac G5 Dual 2Ghz/2.5GB RAM/700GB HD/ATI X800 256MB
23 inch Cinema Display
Nikon Coolscan IV ED
Epson P-2000
Epson Stylus Photo R300

ちなみにiMacは妻のメール&インターネット端末です。
d0069550_9574294.jpg

[PR]
by tarosworld | 2006-06-02 13:09 | パソコン