カテゴリ:ギャラリー( 72 )

Snoqualmie Falls

自宅から25分程度東に行くと、映画「Twin Peaks」の舞台となった街に着きます。ここにはアメリカ原住民達が「神の場所」と呼んだ、Snoqualmie Falls (スノーコルミーフォールス)という荘厳な滝があります。この滝は落差約 82m で華厳の滝ほどありませんが、水量はもっと多いです。特に雪解けの季節になると、ものすごい量になります。

下の写真は下まで降りて撮影したものです。スローシャッターで撮ってますが、水の流れはもっと荒々しいんです。この季節、滝には陽の光が当たらないのでスローで撮ってみました。
d0069550_2219269.jpg

上の展望台から撮るとこんな感じになります。ちょうど写っていないのですが、この滝の左側には Salish Lodge という高級ホテルがあります。ここではスパやマッサージなどが楽しめ、レストランも素晴らしい料理を出します。
d0069550_22222177.jpg

そして下の写真が数年前に撮影した、春の Snoqualmie Falls 。山からの雪解け水が圧巻ですよね。
d0069550_22243949.jpg

ちなみに下の滝壺にはこの季節、シャケが上がってきています。今日も釣り人が大きなシャケを釣り上げていました。私も今度チャレンジしてみます。

Nikon D200
Sigma 18-55mm F2.8
[PR]
by tarosworld | 2006-10-24 22:25 | ギャラリー

Mt. Rainier at Sunrise

数年間ずっとイメージし続けてきた写真を、やっと撮影する機会に恵まれました。レニア山国立公園の Sunrise という場所(標高 6,400 フィート)から「ほろ酔い」のレニア山を撮影しました。午前7時過ぎ、日の出の光を浴びてピンク色に輝きます。
d0069550_2113751.jpg

ほろ酔いが覚めると、山は金色に輝き出します。
d0069550_3281615.jpg

この2枚の写真は Panasonic LUMIX DMC-LX2 で撮影しています。このカメラの絵作りは太いタッチで派手に描きます。

Panasonic LUMIX DMC-LX2
[PR]
by tarosworld | 2006-10-11 03:36 | ギャラリー

16:9 で撮る Mt. Rainier

昨日に引き続き LUMIX LX2 を連れて山へ行きました。Mt. Rainier (レニア山)は自宅から南へ1時間20分の所にある、ワシントン州のシンボルとも言うべき火山。Mt. Rainier の南には、1980 年に大噴火した Mt. St. Helens (セントヘレンズ火山)があります。

8月と比較して地面のメドウは緑から黄色へ変わっています。秋はすぐそこですね。赤く染まった頃にまた行こうと思います。
d0069550_9575945.jpg

1993年からの付き合いで、すでに30万キロ以上走行している愛車と。
d0069550_9583777.jpg

Panasonic LUMIX DMC-LX2
[PR]
by tarosworld | 2006-09-26 09:59 | ギャラリー

16:9 で撮る Mt. Shuksan

Panasonic LUMIX DMC LX2 の 16:9 CCD で Mt. Shuksan を撮影しました。紅葉の季節にはまだ早いのですが、それでもあちこちで紅葉が楽しめました。

Mt. Shuksan です。水面に映る姿は本当に美しいです。
d0069550_1643538.jpg

赤く染まり始めた山肌。秋が深まるにつれて、どんどん赤くなります。
d0069550_16444570.jpg

このカメラのレンズは高い描写性能を持っているようです。まだ 150 枚程度しか撮影していませんが、ご覧の通り非常に綺麗な描写をします。ヌケが良くて眺めていて気持ちが良いレンズです。カメラ自体の描写は少し彩度が高いクセがありますが、景色などでは美しく見せる演出をします。レンズの欠点は逆光時にシャドーに色が回り込み色の滲みが割と目立つ事。他が素晴らしいだけにこれは残念。なるべく逆光では撮らないように心がける必要がありそうです。

Panasonic LUMIX DMC LX2
Photoshop CS2 にて RAW 現像
[PR]
by tarosworld | 2006-09-25 16:48 | ギャラリー

蝶々

久しぶりにマイクロニッコール200mmを持って蝶々を撮りに出かけました。私はマクロはほぼ100%マニュアルで撮ります。特に蝶々のような昆虫は眼にピントを合わせなくてはなりませんが、AFではまず無理です。最低でもD200程度のファインダーじゃないと、蝶々の眼にマニュアルでピントを合わせるのは至難の技となります。
d0069550_11213363.jpg

ちなみにこのレンズをデジタル一眼と組み合わせると、300mmの望遠マクロになります。これくらいになると、蝶々も警戒しないので撮影はお手の物。
d0069550_11225775.jpg

Nikon D200
Ai Micro Nikkor 200mm F4S
[PR]
by tarosworld | 2006-09-18 11:25 | ギャラリー

9月の満月

まだ中秋の名月ではありませんが、9月6日の満月です。今月の満月は-5%ということで、完全な満月ではないそうです。確かに右側は若干欠けているような感じがしますね。この写真は 70-300mm の安物ズームで撮影しました。Nikon D200 で撮ってますから、450mm 相当です。
d0069550_1650414.jpg

デジタルですと撮影した結果がその場で見られるので、露出の調整が容易です。これは良い事なのですが、実際この写真をどんなデータで撮影したのか覚えていません。もちろん EXIF を参照すればいいのですが、写真の撮影がどうしても雑になりますね(笑)銀塩の時代なら露出経験値というのを頭に叩き込んでいましたが、デジタルになってからはどうも適当です。機械が進化するとの人間が退化するのと、やはり比例しているようです。

Nikon D200
Ai AF Zoom Nikkor 70-300mm F4-5.6D
[PR]
by tarosworld | 2006-09-11 16:58 | ギャラリー

ESA Smart-1

月探査機の ESA Smart-1 がつい先ほど月面に衝突したようです。もしかしたら地上でも観測できるかな?なんて甘い期待を寄せてレンズを向けましたが、見えるわけないですね。これから夜空が綺麗な季節になります。デジタル一眼レフで天体写真を撮った事はないのですが、今年の冬は色々挑戦してみます。
d0069550_15241728.jpg

Nikon D200
Ai AF Zoom Nikkor 70-300mm
ISO 100, 1/2 sec @ F16
Adobe Photoshop CS2, RAW, Crop, Smart Sharpening
[PR]
by tarosworld | 2006-09-03 15:22 | ギャラリー

シアトルの夜景

私の友人が最近急に写真にハマッたので、彼を連れて久しぶりに夜景の撮影に出かけました。Nikon D200での夜景撮影は初めてです。

これはQueen Ann Hillsという場所から撮った写真。絵はがき用の写真などで良く利用される場所です。レンズは Ai AF Nikkor 85mm F1.4D。
d0069550_1824348.jpg

こちらはお馴染みAlki Beachからの眺めです。レンズは Ai Noct-Nikkor 58mm F1.2S。
d0069550_18252029.jpg

両方ともRAWで撮ってます。アメリカの夜景はオレンジで単調なので、ホワイトバランスを調整して少し青みを加えています。実はその方が視覚的に自然に見えます。
[PR]
by tarosworld | 2006-08-27 18:27 | ギャラリー

Mt. Rainier

我が家から南へ2時間程クルマを走らせると、ワシントン州を代表する山、レニア山へ着きます。この日は天候にも恵まれ素晴らしい景色を満喫できました。
d0069550_17151821.jpg

d0069550_17225988.jpg

d0069550_17304986.jpg

d0069550_17311744.jpg

Nikon D200
Sigma Sigma DC 18-50mm F2.8 EX D
RAW 画像を Adobe Photoshop CS2 にて現像
[PR]
by tarosworld | 2006-08-22 06:32 | ギャラリー

The Sky Hawks

カナダ軍のパラシュート部隊、スカイホークスの演技です。アメリカ軍とカナダ軍は一心同体と言った感じでした。
d0069550_16231859.jpg

d0069550_16234320.jpg

Nikon D200
Ai AF Zoom Nikkor 70-300mm F4-5.6D
[PR]
by tarosworld | 2006-08-14 16:24 | ギャラリー