Mac Pro の FB-DIMM

Aperture を導入してから、かつて「世界最速」を誇った我が Power Mac G5 Dual 2Ghz も「過去のマシン」になったなぁ、と実感しています。Photoshop その他は全くストレスありませんが、こと Aperture にかかるとモタつく事が多くなりました。実質的には問題無いんですけど、このマシンも 2004 年型だし、来年にかけて新調してもいいかなぁ、と思い Mac Pro のスペックなどを眺めたりしています。しかし一番のネックはそのメモリ仕様。普通の DDR2 ではなく、FB-DIMM を使ってるんですよね。
d0069550_2311447.jpg

このメモリの選択はハードウェアの構成上仕方の無いものだったようですが、ECC も 16GB も不要なので、普通の DDR2 仕様の Mac Pro を出して欲しいですね。何せ同じ容量でも FB-DIMM だと DDR2 の最低でも2倍の価格差です。4GB 積もうと思ったらアップルストアで $1,100 の追加です。Xeon じゃなくて、Core 2 Duo の Mac Pro で、シングルスロットでいいから普通の DDR2 搭載のマシンが出たらいいんですけどね。無理かなぁ。
[PR]
by tarosworld | 2006-10-17 23:17 | パソコン
<< 秋の散歩写真 Mt. Rainier at ... >>