Aperture でモノクロ写真を作る

Aperture 導入から1週間。様々な機能をまだ試し続けています。Aperture の特徴は素晴らしいユーザーインターフェイスに尽きると思います。機能も Photoshop と比較して優れているものが沢山あり、毎日感動的な発見をしています。

今回はモノクロ写真を実験しました。この写真は Panasonic LUMIX DMC-LX2 で撮影したもので、オリジナルは 9/25 のブログに掲載されています。
d0069550_20515617.jpg

Aperture ではモノクロのチャンネルミックスが直感的で非常に扱いやすいです。この機能は Photoshop にも当然備わっていますが、Photoshop は色んなメニューの中に隠れているので直感的ではありません。Aperture で便利な機能を発見して、「Photoshop ではどうやるんだろう」と言った感じで後から Photoshop で機能を発見する事も多々あります。私は Photoshop は数年間使っているのですが、知らなかった機能を Aperture を通して新発見しています。

写真というのは右脳的活動だと思います。Aperture の写真加工に関係するほとんどのインターフェイスは右脳のみで使う事ができますが、Photoshop は左脳を使う事を強要する事が多いです。私は IT 関連の仕事をしていますが、趣味の写真を楽しんでる時くらい左脳を休めたいです。アドビさん、聞いてますか?
[PR]
by tarosworld | 2006-10-09 20:59 | 写真・カメラネタ
<< Mt. Rainier at ... Aperture - Adju... >>