Asoloの登山靴

d0069550_12595663.jpg

私がずっと愛用して来た登山靴はNike ACGシリーズのモデル(モデル名は失念)。近所の店でセールで買ったもので、確か1995年頃の購入だと思います。随分長持ちするもので、ソールもまだまだイケると思っていたのですが、前回オリンピック半島の森深く歩いていたら足に違和感を感じ、見てみるとこんな事になっていました。
d0069550_13050100.jpg

さすがに15年もするとゴムは劣化するのでしょう、石を踏んだ時にパックリやってしまったようです。幸い旅も終わりの時に壊れたので支障はありませんでしたが、よく山道を歩くのでもう少し本格的な靴を探してみました。

登山靴は普通の靴と選び方は随分違います。普段履きの靴は心地よいものを買えば良いと思いますが、登山靴は店頭で心地よいものはまず×です。柔らかいものは悪路を歩く事によるショックや靴の変形がそのまま足に伝わり、すぐに痛くなります。ソールの柔らかいものは店頭では好印象ですが、実戦には向きません。良い登山靴は固くて地面の凹凸を足の裏に伝えず、足が疲れないもの。また足が靴の内部でズレない事も重要です。つま先が靴の先に当たり続けると豆ができたり爪を痛めたりします。とにかく登山靴は普段履きの靴と違って悪路を長距離/長時間歩くので、妥協をすると目的地まで辿り着けません。店頭で店員とよく相談し、沢山の靴を履き比べて選ぶと良いと思います。
d0069550_1393548.jpg

私がそうして選んだのはイタリアのAsolo(アゾロ)と言うメーカーの登山靴。この靴は造りが非常にしっかりしていて私の足にもピッタリ。このメーカーのモノは初めてですが、ネットでの評判も上々でしたので購入しました。それにこれ、最近では珍しく欧州で製造されています。

週末は2日にかけて慣らしてみましたが、以前のNikeとは全然違うフィーリングで新品にも関わらず足への疲労や負担は非常に軽く、大変満足です。最近はフィールドフォトグラファー気取りで山の中で写真を撮る事が多いので、靴の重要性を再認識しているところです。ご参考までに。
[PR]
by Tarosworld | 2010-09-13 13:16 | ガジェット
<< Gitzo Basalt GT... 名無しの滝? >>