The Columbia River Gorge

ワシントン州とオレゴン州の境となるコロンビア川のオレゴン州側の峡谷へ1泊で出かけました。ここは雄大なコロンビア川に沿って様々な自然を楽しむ事ができる場所で、1泊2日では全部見る事はできません。しかし自宅から4時間程度なので3連休などの際には積極的に出掛けてみようと思います。

Multnomah Falls(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_13552062.jpg

コロンビア峡谷で一番有名なのはこのMultnomah Falls。二重の滝で、途中に架かる橋からも一段目を間近で見る事ができます。落差は194メートル。

Multnomah Fallsを別の角度から(Nikon D5000/AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II)
d0069550_1357139.jpg

同じくMultnomah Falls(Nikon D5000/AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II)
d0069550_140365.jpg

Multnomah Fallsから東へ数分の所にHorsetail Fallsがあります。滝の途中で弧を描く軌跡の滝は「尾」という名前が付く場合がありますが、この滝はアメリカ人の目には馬の尾に見えるのでしょう。この滝は道ばたにあるのでアクセスが簡単です。落差は65メートル。

Horsetail Falls(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_13593254.jpg

Horsetail Fallsから崖を登ると、Ponytail Fallsと呼ばれる小さな滝が現れます。この滝は狭い口から勢い良く水が飛び出す様子が印象的。ポニーテールに見える為にこの名前が付いています。この滝はコロンビア峡谷にある77の滝の中でも私が好きなもののひとつ。落差は23メートル。
Ponytail Falls(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_1451249.jpg

Ponytail Fallsは裏側に回って見る事もできます。(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_14175435.jpg

Ponytail Fallsから東に行くと、Wahclella Fallsがあります。この滝へ行くには2キロ程度ハイキングする必要がありますが、途中にも沢山の見所があり最後に大変神秘的な滝に辿り着きます。苔の黄色や緑色と滝の白、岩や滝壺の黒がとても美しい滝です。落差は39メートル。
Wahclella Falls(Nikon D5000/Sigma 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM)
d0069550_14211134.jpg

Wahclella Falls(Nikon D5000/AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II)
d0069550_1422353.jpg

更に東へ行くとStarvation Creekという川から落ちるStarvation Creek Fallsがあります。この滝へ辿り着くハイキングコースが見つからなかったので滝壺を見る事はできませんでしたが、下から見ても迫力満点で、水量が多い季節は相当の迫力なんだろうと想像できます。落差は57メートル。

Starvation Creek Falls(Nikon D5000/AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR)
d0069550_1425130.jpg

Starvation Creek。滝ばかりでなく川にも目を向けると、苔に覆われた岩を流れる美しい水の流れを見る事ができます。(Nikon D5000/AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II)
d0069550_14272361.jpg

コロンビア峡谷には全部で77の滝があるそうです。滝のほとんどはある程度ハイキングが必要なので、1日で回るにはこれが限界です。今回は天気の都合で1泊だけでしたが、次はもっと時間を取ってゆっくり回ってみたいと思います。

今回も機材は必要最小限に抑えました。Nikon D3で撮影したいところですが、やはり長い山道を歩くのでキツイと思われます。カメラの絶対的な技術的性能よりも機動力という性能の方が重要な分野なので、これからもD5000が滝撮影のお伴になることでしょう。また、滝の撮影には三脚が必須です。最近購入したGitzo GT1541が無ければ撮れなかった写真です。高いカメラやレンズに投資すれば良い写真が撮れるのではなく、やはり写真の基本はフットワーク、そして軽いフットワークを可能にする機材である事が重要です。
[PR]
by tarosworld | 2010-09-08 14:42 | ギャラリー
<< 滝や森の撮影について 山を歩く際の装備 >>