Fujifilm X-Pro1 Part 11

今日は晴れの予報だったのに全然晴れない。曇り空の日はモノクロかな?と言う事で、今日はモノクロでの撮影です。シアトルはグレーの街なのでちょうどいいかも。
d0069550_1359046.jpg
屋外ウクレレ教室(60mm)

d0069550_13591197.jpg
週末ここはいつもサイクリストやジョガーで賑わいます(18mm)

d0069550_14313493.jpg
ダイバーと水鳥(60mm)

d0069550_1359235.jpg
引き潮の時間だったので多分海藻を見てるんだと思う(60mm)

d0069550_1473449.jpg
怪しいバスとその住人。モンタナから放浪の旅に出てるんだって(35mm)

d0069550_13593296.jpg
怪しいバスにワンコがいた。どことなく淋しそう(18mm)

d0069550_13594543.jpg
ひろ〜い(18mm)

d0069550_140294.jpg
「神とは」と説教をする爺さんと「へいへい」と聞く子供達(35mm)

d0069550_1401856.jpg
消火用ホースだと思う(60mm)

d0069550_1403746.jpg
ウォーターフロントを望む(60mm)

d0069550_1405043.jpg
ウォーターフロントを望む(18mm)

d0069550_1413975.jpg
写真仲間を見つけると何となく嬉しい(60mm)

d0069550_1415195.jpg
新婚カップルです(60mm)

d0069550_1422459.jpg
耳のオブジェ?(60mm)

d0069550_1423920.jpg
目のオブジェ?(60mm)

d0069550_1493147.jpg
閉店の準備。閉店の時だけアメリカ人は動きが早いです(笑)(18mm)


もう27年くらい住んでますが、シアトルは楽しい街です。イチローが来るまで日本ではほとんど無名だったと思いますけど、とてもリベラルで、アートしてて、優しい良い街です。
[PR]
# by tarosworld | 2012-07-02 14:25 | 写真・カメラネタ

Fujifilm X-Pro1 Part 10

d0069550_1535535.jpg

Fuji X-Pro1は肌色がとても綺麗。白人の子供のポーセリンのような透き通る肌の質感が良く再現できているのが分かると思います。カラーはPro Neg Standardに設定。色々試してみたところ、肌はこれが一番自然な感じですし髪の毛の質感も一番良く出ます。この写真は撮って出しのJPEG、レンズは35mm、絞りはF2。ISOは1600ですが、ノイズは目立ちません。

X-Pro1で動く子供を撮ったのは初めてですが、このカメラはAFが遅めだし撮る瞬間に一瞬LCDがフリーズします。従って撮ったと思った写真と実際の写真が全然違う場合があるので注意が必要。結論から言うと動く被写体には全く向いていません。肌は最高なんですがね〜。
[PR]
# by tarosworld | 2012-07-01 15:43 | 写真・カメラネタ

NASAのSuper Guppy

d0069550_6232616.jpg

シアトルは相変わらずの曇り空、でも雲の中から突然姿を現したのはNASAの輸送機、Super Guppy。空飛ぶクジラを連想するその姿は愛らしかったです。中にはスペースシャトルの訓練用に使われる乗員コンパートメントが積まれているようで、一般公開もしているらしいので見学に行こうかな。

ちなみに咄嗟の撮影でしたがノロマのX-Pro1でも何とか撮れました。このカメラはAuto ISO 1600に設定してテキトーにスナップする使い方が一番ラクかも。

Fujifilm X-Pro1 XF 35mm F1.4 R
[PR]
# by tarosworld | 2012-07-01 06:26 | 写真・カメラネタ

Fujifilm X-Pro1 Part 9

今日は日曜日、雨の予報は見事に外れ!綺麗に晴れ渡ったのでシアトルの観光地をてくてく歩く事にしました。散歩写真のお伴は当然X-Pro1です。
d0069550_14362678.jpg

XF 35mm F1.4 R

Pike Place Market


d0069550_1437297.jpg

XF 35mm F1.4 R

この人の歌は哀愁漂ってたなぁ。


d0069550_14375562.jpg

XF 35mm F1.4 R

良く見ると面白いパイプです。


d0069550_14382649.jpg

XF 60mm F2.4 R Macro

ハルクホーガンのような男とピエロ?


d0069550_1439031.jpg

XF 35mm F1.4 R

スタバ一号店前にて。このバンドはなかなかイイんです。


d0069550_1439227.jpg

XF 18mm F2.0 R

Pike Place Marketにて。


d0069550_14395260.jpg

XF 18mm F2.0 R

シアトルはリベラルでアートな街なんですよ。


d0069550_1440173.jpg

XF 18mm F2.0 R

この銀色の人形は街灯なんです。


d0069550_14404091.jpg

XF 60mm F2.4 R Macro

良く出来た銅像(?)ちなみにこんなに美しいのに彼女は彼です。


d0069550_14411045.jpg

XF 18mm F2.0 R

結婚式があったみたい。


d0069550_14413556.jpg

XF 18mm F2.0 R

シアトル美術博物館の入口にある動く像。


d0069550_14415061.jpg

XF 18mm F2.0 R

新旧のビル群が入り乱れるダウンタウン。


d0069550_1442263.jpg

XF 18mm F2.0 R

ゲイパレードがあった日なのであちこち虹色でした。


d0069550_14421692.jpg

XF 18mm F2.0 R

博物館の横のビル。メタリックな質感がいい。


d0069550_14422717.jpg

XF 18mm F2.0 R

Smith Tower


d0069550_14423962.jpg

XF 18mm F2.0 R

パイのお店で。ゲイパレードの帰りで疲れてるみたい。


今日は12kmほど歩きましたが、3本の交換レンズを持ってても全く重さは気になりませんでした。やはりお散歩写真はX-Pro1です。D3Sに交換レンズなんて持って行ってたら途中で挫折していたでしょう。X-Pro1は軽いわりに写りが良いので今後はD3Sの出番が急減する予感。カメラは絶対的性能よりもやはり機動力、常に持ち歩けるものが一番良いです。

ちなみに上の写真は全てJPEGで撮影したものです。カラーはAstiaモードで撮影。個人的にはAstiaが一番好きかな。Proviaだと渋過ぎてちょっとつまらないので。JPEGで満足できたのはX-Pro1が初めてです。
[PR]
# by tarosworld | 2012-06-25 14:56 | 写真・カメラネタ

Fujifilm X-Pro1 Part 8

今回はX-Pro1の撮って出しの写真の色の単純比較。今朝は雨上がりの曇りの午前中で明るい曇りという理想的な天気だったので色の傾向を見るにはもってこいです。取りあえず裏庭を撮影してフジ得意のフィルムモードを検証します。今回は緑と赤の発色を見てみます。

d0069550_231633.jpg
Provia



d0069550_2311980.jpg
Velvia



d0069550_2313041.jpg
Astia



d0069550_2314046.jpg
Pro Neg High



d0069550_231515.jpg
Pro Neg Standard


ここでは忠実度(見た目との比較)を見ます。結論から言うと緑の発色はVelviaが、赤の発色はPro Neg Highが一番近い結果となりました。光線具合や被写体、表現目的で何が最適かは変わってきますが、パッと見はやはりVelviaが一番綺麗ですね(その代わりシャドウは潰れます)。標準のProviaはどの色も無難でシャドウの階調もよく出ています。総合的なバランスではAstiaが良いかも知れません。

X-Pro1はJPEG画像が良いのでRAWで現像したものよりJPEGの方が発色が良い場合が沢山あります。私は景色は間違いなくRAWで撮りますが、様々なフィルムモードの特徴を参考としながらRAW現像するのが楽しいと思います。

X-Pro1はこの他ダイナミックレンジの拡張機能などもあるので、Velviaで気になるシャドウの潰れも改善出来るのかも知れません。このカメラは設定出来るパラメータが豊富なので、全ての性格を把握するにはもう少し時間がかかりそうです。
[PR]
# by tarosworld | 2012-06-25 02:46 | 写真・カメラネタ

Fujifilm X-Pro1 Part 7

今日は大雨が降ったり晴れたり色々と忙しい土曜日でした。晴れた隙にX-Pro1を連れて山と滝を撮りに行きました。この山は90年代初め頃に流行った「Twin Peaks」にも出てくるMt. Siと言う山。

d0069550_12173313.jpg
XF 18mm F2 R

d0069550_1218051.jpg
XF 60mm F2.4 R Macro

Mt. Siから西に5分くらい行くと、やはり「Twin Peaks」に出てくるSnoqualmie Fallsがあります。今日は大雨が降ったので水量がもの凄く、ズブ濡れになってしまいました。カメラが心配でしたが何とか誤作動も無く撮影できました。

d0069550_1220327.jpg
XF 35mm F1.4 R

d0069550_1221962.jpg
XF 35mm F1.4 R

d0069550_12212495.jpg
XF 18mm F2 R

この滝は水力発電所も併設していて、何やら拡張工事をしているようでクレーンが殺風景ですね。左上に見えるホテルも「Twin Peaks」に出てます。Salish Lodgeというホテルですが、冬に泊まるといい感じです。
[PR]
# by tarosworld | 2012-06-24 12:23 | 写真・カメラネタ

Fujifilm X-Pro1 Part 6

X-Pro1でのピント合わせについてです。この花は人差し指の爪ほどのとても小さな花ですが、その美しい姿は接写しないと分かりにくい花でもあります。英語では「Herb Robert」、日本語では「ヒメフウロ」。日本ではレッドリストの指定を受け採取不可となっているようですが、元々外来種の為にワシントン州では見つけたら積極的に駆除するよう指導されています。が、私はこの花が好きなので庭で自由に咲かせています。
d0069550_1575079.jpg

上の写真はX-Pro1とXF 60mm F2.4 R Macroで開放で撮影したもの。ベルビアモードで撮影しています。この花は小さいので一眼レフでピント合わせをしてもきちんと合あわせるのは至難の技なのですが、X-Pro1の高精細な液晶画面ですと非常に正確にピント合わせをすることができます。下の写真は上の写真を等倍でクロップした写真です。
d0069550_1510741.jpg

この写真はマニュアルフォーカスで撮っていますが、このカメラで接写する機会が増えそうです。いつか等倍撮影ができるマクロが出たらいいな。
[PR]
# by tarosworld | 2012-06-18 15:12 | 写真・カメラネタ

Fujifilm X-Pro1 Part 5

友人とシアトルのマディソン通りにあるレストランで昼食を一緒した時に撮影した写真です。全てXF 35mm F1.4 R、全て開放にて撮影。仕上がりはプロビア。このレンズは開放で撮ると楽しい。

d0069550_11374072.jpg


d0069550_11375229.jpg


d0069550_1138431.jpg

[PR]
# by tarosworld | 2012-06-18 11:39 | 写真・カメラネタ

Fujifilm X-Pro1 Part 4

Fujifilm X-Pro1にXF 60mmを付けて庭の花を撮ってみました。AFで撮りましたが、このカメラのAFはとても正確で毎回狙ったところにドンピシャでフォーカスが合います。

d0069550_12125231.jpg


d0069550_1213585.jpg

[PR]
# by tarosworld | 2012-06-14 12:13 | 写真・カメラネタ

90年前の汽車

d0069550_932761.jpg

d0069550_9323752.jpg
d0069550_9322373.jpg

d0069550_9325125.jpg

d0069550_93342.jpg

d0069550_9332623.jpg

d0069550_9334412.jpg

d0069550_93428.jpg

d0069550_9341490.jpg

Nikon D3S / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
[PR]
# by tarosworld | 2012-06-03 09:35 | ギャラリー

今日も雨

今日も相変わらずの雨ですが、めげずに近所の森に行って来ました。この辺の森は豊かです。
d0069550_9123815.jpg
d0069550_9122852.jpg
d0069550_9121132.jpg

Nikon D3S / AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
[PR]
# by tarosworld | 2012-06-03 09:14 | ギャラリー

Fujifilm X-Pro1 Part 3

適当に裏庭にある植物をプロビアモードとベルビアモードで撮影してみました。緑はやはりベルビアが綺麗です。ひとつ気付いたのはX-Pro1は1/3段、或は2/3段ほどオーバーになる傾向があるようです。従って、私は常に-1/3段で撮影するようにしています。

35mm F1.4開放。プロビア。ちょっとオーバー気味。
d0069550_147270.jpg


60mm F2.4→F2.8。ベルビア。
d0069550_1473870.jpg


60mm F2.4→F2.8。ベルビア。
d0069550_1491213.jpg


60mm F2.4→F2.8。ベルビア。
d0069550_1495579.jpg


60mm F2.4→F2.8。ベルビア。
d0069550_1503635.jpg


18mm F2開放。ベルビア。
d0069550_151988.jpg


どのレンズもなかなかの描写です。フォーカスはオートで撮影しましたが、これを見る限り開放からでも狙ったところに無難にフォーカスしているようです。EVFは思ったより使い易いので、多様しそうです。
[PR]
# by tarosworld | 2012-06-03 01:54

Fujifilm X-Pro1 Part 2

Fujifilm X-Pro1 を導入してから1週間、まだあまり撮影してませんが段々慣れてきました。以下の作例はマリナーズを観戦した時に撮影したもの。レンズは18mmと60mm、作例は1024ピクセルにリサイズした以外はカメラ撮って出しです。モードはプロビア。

X-Pro1は巷ではノロマなどと言われていますが、自分的には特にイラつく程のものでもないようです。基本的に道具と言うのはクセがあるもので、それを理解して慣れてしまえばどうってことはありません。以下の写真のように動きの速い野球でもカメラのクセを把握して慣れてしまえば狙った瞬間が撮れます。

d0069550_13154252.jpg


d0069550_13112992.jpg


d0069550_13114757.jpg


d0069550_1312260.jpg


d0069550_1312169.jpg


d0069550_13123659.jpg


d0069550_13125937.jpg


スペック値秒6コマの連写でバッターの一振りのシーケンス撮影。全て60mm。

d0069550_1328455.jpg


d0069550_13282472.jpg


d0069550_13284434.jpg


d0069550_132913.jpg


d0069550_1329234.jpg


d0069550_13294454.jpg


Fujifilm X-Pro1は絵がいいですね。でも私は普段RAWで撮って自分の絵を作る主義なので、早くApertureもRAW対応して欲しいものです。カメラのレビューはもう少し使い込んでからにします。
[PR]
# by tarosworld | 2012-06-02 13:37

Fujifilm X-Pro1導入

いつもNikon D3Sと大三元を持ち歩くのは物理的にも精神的にも苦なので、軽くて街撮りも気楽にできるカメラとしてFujifilm X-Pro1を導入しました。同時発売のレンズ3本、18mm, 35mm, 60mmも一緒です。週末に撮影した作例を以下に掲載します。

なお、レンズは全て18mm、写真はサイズを1024ピクセルにリサイズした以外何の調整もしていません。モードはプロビアです。

Fujifilm X-Pro1 XF 18mm F2 R

d0069550_13124890.jpg


d0069550_131313.jpg


d0069550_13133342.jpg


d0069550_13134857.jpg


d0069550_131421.jpg


d0069550_13142257.jpg


d0069550_13143771.jpg


d0069550_1315548.jpg


d0069550_13152062.jpg


d0069550_13153790.jpg


d0069550_13155134.jpg


d0069550_131665.jpg


d0069550_13163017.jpg


d0069550_1316498.jpg


d0069550_1317359.jpg


d0069550_13171824.jpg


d0069550_13173163.jpg


d0069550_1317481.jpg


d0069550_1318546.jpg


基本的に素晴らしい画質で、特に不満はありません。この軽さと画質ならわざわざ一眼レフを持ち歩く必要はあまり無さそうです。Contax G2以来、やっと理想に近いカメラの登場です。フジさん、ありがとう。
[PR]
# by tarosworld | 2012-05-29 13:21 | 写真・カメラネタ

夏になりました

シアトルにも短い夏が到来!マウンテンバイクで西シアトルにあるAlki Beachを走ってきました。ここはシアトルでも特に好きな場所で、家内にプロポーズした場所でもあります。道を行き交う人々やペットをの〜んびり眺めるのが最近の楽しみです。
d0069550_18502523.jpg

d0069550_18504047.jpg

d0069550_18505157.jpg

d0069550_185127.jpg

カメラはNikon D5000にSigma 10-20mm F3.5、そしてPLフィルター。PLフィルターを効かすことで水面の反射が除去され、海の鮮やかな色が浮かび上がります。シアトルと言えばグレー、というイメージなんですが、いやいやそんな事はありません。
[PR]
# by tarosworld | 2011-07-11 18:54 | ギャラリー

ノクトニッコールで撮るシアトル・パイオニアスクエア

シアトル発祥の地、パイオニアスクエアをノクトニッコールで撮りました。全て絞り1.2開放での撮影です。
d0069550_1633924.jpg


d0069550_16332436.jpg


d0069550_16333643.jpg


d0069550_16335072.jpg


d0069550_1634628.jpg


d0069550_16341868.jpg


ノクトニッコールは室内で絞り開放で撮るとフォーカスを外す事が多いほど被写界深度が浅いのですが、屋外では意外とフォーカスを外す事はありません。この近辺は夜は暗いのですが、D3のフォーカスエイドと優れた高感度性能でほとんどスナップ感覚で撮れるのはさすがです。
[PR]
# by tarosworld | 2011-05-31 16:35 | ギャラリー

Sony NEX-3 & Summicron 5cm 1:2

d0069550_754459.jpg

前回のエントリで出てきた友人が「Leica M9があるからもうNEXいらない。あげるよ。」と言ってNEX-3とMアダプターをポンとくれました。写真は手持ちのSummicronを取り付けたところ。なかなか似合ってます。NEXのようなカメラはもう二度と使う事は無いと思っていた旧いレンズをよみがえらせてくれるので、とても楽しいです。この60年前のレンズもなかなかの写りで、今までとはちょっと違った遊び方ができます。
[PR]
# by tarosworld | 2011-02-07 07:10 | 写真・カメラネタ

Leica M9 / Noctilux 50mm F1.0

d0069550_155286.jpg

友人が最近Leica M9を買ったというので、自宅に招いて遊ばせてもらいました。上の写真はLeica M9にNoctilux 50mm F1.0を開放、最短撮影距離で撮影したもの。ライカは飾り用にM3とSummicron 5cm F2を持っているのですが、一度も使った事がありません。Leica M9は技術的にまだまだと言う感じですが、レンズの描写はとても魅力的ですね。この写真もニッコールとは全然味が違います。Sony NEX-5でも買ってオールドライカレンズで写真を撮ってみたいな、という衝動に駆られています。
[PR]
# by tarosworld | 2011-01-31 15:09 | 写真・カメラネタ

HDRで色々実験

HDR写真で色々実験しています。HDRは加工によっては写真というよりもコンピュータグラフィックスのような写真になったり、不自然/非現実的な写真になったりします。人によっては10枚くらいの写真からHDR写真を作り出すようですが、そのような写真はとても自然な感じには見えません。もちろんそういう効果を期待して加工する場合もありますから、それが悪い訳ではありません。

さて、HDR写真を作るには何も撮影時に何枚もブラッケティングをしなくてはいけない訳ではありません。一枚のRAW写真からでもHDRは可能です。下の写真は一枚のRAWファイルから加工したものですが、具体的にはソフトウェアで-2ev、0ev、+2evで現像して、それら3枚を組み合わせたものです。

これが元の画像。
d0069550_1505879.jpg

これが一枚のRAWファイルから作り出したHDR画像。
d0069550_1511555.jpg

写真右側の穴に注目すると、HDR写真の方は黒潰れが無く内部まで見る事ができます。そしてHDR写真だ、と言わなければ決してHDRとは分からないくらい自然だと思います。経験的に枚数が多く露出幅が広い素材ですといわゆるフラットで不自然な写真になりますが、枚数が少ないと自然な仕上がりになります。不自然なHDR写真はそれはそれで面白いのですが。

これは-2evから+2evまでの5枚のRAWファイルから作り出したモノクロのHDR画像です。
d0069550_1575442.jpg

こういうドリームライクな写真も面白いですね。

ところでNik Software HDR Efexはメモリを非常に消費して、処理中は他の処理が全くできないくらいになります。仕方ないので8GBへの増設を余儀なくされました。現在は4GBなので、どれくらい快適になるか(ならないか)また報告します。
[PR]
# by tarosworld | 2010-10-16 15:10 | 写真・カメラネタ

HDR写真

撮影時に露出ブラッケティングで数枚撮影し、パソコンで合成するHDR(High Dynamic Range)写真が一般化してきました。HDR処理の目的はデジカメのイメージセンサーのダイナミックレンジ(フィルムで言えばラチチュード)の範囲を超えた映像を得る事です。私は今までPhotoshopに内蔵されていたHDR機能を使っていましたが、どうにもうまく行かずにNik SoftwareのHDR Efex Proを購入しました。これは独立したソフトではなく、PhotoshopやLightroom、Apertureなどのプラグインとして機能するものです。

早速先日行ったMt. Shuksanの写真で実験しました。写真は-1ev, 0ev, +1evの3枚をHDR合成したものです。まずはRAWをそのままJPEGとして出力した3枚。

-1ev
d0069550_340466.jpg

0ev
d0069550_3405980.jpg

+1ev
d0069550_3411234.jpg

そしてこれがHDR Efex ProにてHDR処理したもの。いくつかの仕上がり設定がありますが、これはデフォルトでノータッチ。
d0069550_3412617.jpg

ご覧のように、かなり自然な仕上がりになっています。山の雪の白トビや黒潰れは無く、赤は鮮やかに再現し、草などのストラクチャもつぶれずに奇麗に表現しています。今までHDR写真は不自然で敬遠する事も多かったのですが、HDR Efex Proのおかげで今度のネイチャー写真は全てブラケッティング撮影となる気がします。
[PR]
# by tarosworld | 2010-10-13 03:46 | 写真・カメラネタ